毎朝5分で、下半身痩せ!【朝活ヨガ】むっちり太ももや猫背の改善も

上体をねじる「半分の聖者マツィエンドラのポーズ」は、内臓を活性化してくれるので、デトックスにも効果あり。次の手順で行います。

ねじって引き締める「半分の聖者マツィエンドラのポーズ」

AsakatsuYoga_HanbunNoSeija01_50D2466

【1】正座で座る

AsakatsuYoga_HanbunNoSeija02_50D2471

【2】お尻を右側に下ろす

AsakatsuYoga_HanbunNoSeija03_50D2477

ひざは胸の真ん中にくるように

【3】左脚を右脚の外側にかけるように置き、脚の付け根を骨盤にはめ込むように、両脚を深くクロス。このとき、かけている側の足裏を床に付けるように気をつける

AsakatsuYoga_HanbunNoSeija04_50D2480

上になっている脚側のお尻が浮いてしまいがちなので、重心をのせるように注意を。難しい人はクッションを敷いてもOK

【4】背骨を天井方向に引き上げ、ひと呼吸
【5】胸、肩を開きながら、左手を床に置く
【6】息を吸い、背骨に隙間をつくるように意識しながら、右腕を天井に引き上げる

AsakatsuYoga_HanbunNoSeija05_50D2485

【7】右腕を深く左ももにかけて、右ひじを曲げる

AsakatsuYoga_HanbunNoSeija07b_50D2450

顎先を床に下ろすようにして、首を長く保つ。肩は床と平行になるように意識

【8】息を吸いながら、右の背中を引き上げる。息を吐きながら、さらに左の胸と肩を開き、左の方向へと上体をねじる。このとき、両方の座骨、足裏に重心がのっているように注意
【9】お腹を大きく使いながら、3回、深い呼吸を繰り返す
【10】息を吸いながら、上体を正面に戻して、背骨をリラックスさせる
【11】反対側でも【2】から【10】を行う

負荷をアップしたいのなら…

AsakatsuYoga_HanbunNoSeija08_50D2452

【9】のときに、左腕を離して、右手と合掌を。合掌した手が胸の真ん中にくるように、ねじりを深めると、ウエストラインのシェイプアップに効果的!

動画を見ながら、「半分の聖者マッツェンドラのポーズ」にトライ!

お尻の座骨が床に付きにくくかったり、骨盤が後ろに傾きやすかったりする場合は、下側の脚を伸ばしてもOK。上体をねじる「半分の聖者マツィエンドラのポーズ」には、内臓の活性化やデトックス、便秘の改善などにも効果が期待できます。溜め込み体質の人も、毎朝5分、習慣にしましょう。

写真・動画/瀬尾直道 衣装協力/ヨギー・サンクチュアリ 取材協力/スタジオ・ヨギー

【チアキさんのヨガレッスンは、ほかにも!】
【夜活ヨガ】二の腕もすっきり!下腹部引き締めに役立つ「コブラのポーズ」
【夜活ヨガ】寝たまま美尻を養う「仰向けでねじるポーズ」
【朝活ヨガ】太ももとお腹を引き締める「木のポーズ」
【朝活ヨガ】メリハリある下半身を作る「体側を伸ばすポーズ」

→さらに【朝活ヨガ】【夜活ヨガ】をチェック!

【関連する記事をチェック!】
すきま時間は足裏ケア!ヨガ・インストラクター、チアキさんの【ジムバッグを拝見!】
【動画レッスン】むくみを改善!間々田佳子さんの「顔ヨガ」5選
美腹筋メイクに夢中!ヨガ・インストラクター、渋木さやかさんの【美痩せ習慣】
下腹のぽっこりを改善!【美腹筋エクサ】腹筋下部に効く「レッグレイズ」
【スキマ時間エクサ】ほっそり太ももを作る「内ももシェイプ」

チアキ

Chiaki_AsakatsuYoga002

1986年生まれ。ヨガインストラクター、コンテンポラリーダンサー。日常生活をより豊かにするために丹田への意識を深め、ジャンルを越えた”心と体の解放”をヨガやダンスを通してシェアしている。「ヨギー・サンクチュアリ」のアンバサダーとしても活躍。

ヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」の新宿EASTやTOKYO、渋谷スタジオ、などでレッスンを担当し、脳生理学者・有田秀穂博士が代表する「セロトニンDojo(ドージョー)」にてメンタルケアヨガを、「Rire(リール)ヨガ」などでシヴァナンダヨガを教えている。夢は愛と笑顔でいっぱいにすること。その活動情報は、インスタグラム「@chiaki_yogadance」で

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事