【山本浩未さんのメイクのメ】“眠りのスイッチ”を探しています

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は、いい眠りを得るための方法をご案内。

* * *

メイクのメ_山本浩未_正方形

「“眠りのスイッチ”を見つけることが大事なんだそう」

眠るのが下手なんです。保育園のお昼寝の時間から苦労してた、筋金入りの眠り下手。さらに更年期も加わり、ますます眠りが浅くなって、日中眠いという悪循環が続いています。なので、“眠れる”とか、“眠りによい”というものは、とりあえず試してみるの。

この年になると、睡眠不足はつくづく体にこたえます。だるい、目がチカチカする、頭が重い…ホントつらい! お医者さんから睡眠導入剤を処方してもらっていますが、できるだけ薬に頼らないようにしています。

仕事で対談した、睡眠専門医の梶本修身先生に教えてもらった眠れるコツも、実践しています。梶本先生が言うには、その人なりの“眠りのスイッチ”を見つけることが大事なんだそう。暗示みたいなものですね。例えば、“ベッドでは眠るだけ”。つまり、ベッドで眠る以外のことをすると、眠る場所という意識がなくなって、うまく眠れなくなる。スマホを見たり本を読んだりするのは、絶対ダメ! でも、私、ベッドで少女マンガを読む習慣があり、なかなかやめられない…。先生、すみません!

【次ページで浩未さんお気に入りのの眠りアイテムを紹介!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事