7kg増量!エマ・ストーン、役作りのための「筋トレ」にはまる

エマ・ストーンは、映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』役のために行った15ポンド(約7kg)の増量を楽しんだそうだ。

EmmaStone_201709_01

役作りのため7kg増のエマ・ストーン

同映画は1973年に行われたビリーと男性テニス選手ボビー・リッグスとの対戦を中心に描かれており、エマは伝説の女子テニス選手ビリー・ジーン・キングを演じた。

エマは『エンターテイメント・トゥナイト』で、「どのように増量したのか」という質問に対し、「ウェイトリフティングをたくさんしたし、プロテインもたくさん飲んだわ。今までやったことがなかったけど、とても気に入ったわ」と応えた。

最初は余分な筋肉をつけることに苦労したというエマだけれど、次第にトレーニングプランに慣れ、増量という挑戦を楽しめるようになったという。

「多くの人がトレーニングを嫌っているのも知ってる。私もそうだったもの。特に最初の3週間は、人生が嫌になったわ。でもその期間を乗り越えたら『私って、この重さも持ち上げられるの? こんなこともできるの?』と思うようになった。とても中毒性があった。それに自分が強くなったと感じるのは、すばらしいわ。とても気分がいいのよ」

共演者もエマ・ストーンを絶賛!

同映画でリッグスを演じたスティーヴ・カレルは、2011年公開の映画『ラブ・アゲイン』で父親役を演じて以来のエマとの共演。スティーブは才能あふれるエマとの共演を楽しんだそうで、「前は僕の娘を演じたんだけど、今回は僕の宿敵。次回は僕の母親役をしてほしいね。彼女ならできるよ」と語っていた。

ほかにもスティーブは、エマの女優としての才能を認めるだけでなく、オフシーンでも皆に愛されるような「世界でいちばん明るい女性だ」とコメントしていた。

提供/Bangshowbiz

【関連する記事をチェック!】
トレッドミル×筋トレで脂肪燃焼!米国・NY発の高負荷エクサを【体験レポ】
スーパーモデルにはさまれても違和感なし!レディー・ガガのボディメンテ術
鍛えたいのは、腹筋!”可愛過ぎるビールの売り子”、ほのかさんの【美痩せ習慣】
下腹のぽっこりを改善!【美腹筋エクサ】腹筋下部に効く「レッグレイズ」
毎朝5分で、下半身痩せ!【朝活ヨガ】でほっそり足首の美脚に

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事