ボディメイクに◎!ティップネスの新プログラム「アニマルエナジー」を【体験レポ】

欧米を中心とした海外では、動物の動きを模した”アニマルムーブメント”を取り入れた自重トレーニングが、体の機能性アップに役立つと数年前から人気だそう。

tipness-animal-8

これに注目したフィットネスジム「ティップネス」は、”アニマルムーブメント”を組み込んだリカバリープログラム「アニマルエナジー」を開発。音楽に合わせて動く同プログラムでは、有酸素運動で脂肪を燃焼しつつ、美しいボディラインを手に入れることができるという。

そこで、アラサー編集のOが、2017年10月1日(日)からスタートした「アニマルエナジー」を東京の「ティップネス東新宿」で開かれたファンミーティングで体験してみた!

* * *

「アニマルエナジー」は、日常で使わない筋肉をまんべんなく使うので、全身のバランスをはじめ、ボディラインを整えるのに◎。さらに、適度な有酸素系運動で老廃物を排出するので、受講後には身体機能の向上や疲労回復の効果も期待できるのだとか

プログラム体験前に、その日のコンデションを測定

tipness-animal-1

私はいちばん低調の“S−(マイナス)”という結果に。一方、同行した編集・Iは“L+(プラス)”と絶好調!

プログラムの効果を実感するために、まずは「コンディショニングスキャナー」で、この日の心身の状態をチェック。結果は体と心へのストレス対応力をL(高い)とS(低い)で、その日の体調を+(プラス)と−(マイナス)で判定し、4段階で表示されるという。

私の判定結果は、“S−”。本来は、ウォーキングやストレッチなど、ゆっくりと体を回復する運動がオススメな状態なのだとか。

ちなみにレッスン前に聞いたところ、この日の体験に参加したティップネス会員のみなさんは、“L+”という人が多いよう。そんな人たちの中で、ついていけるのか、ちょっとだけ不安な気持ちに。

簡単な動作テストで、体の機能性をチェック!

tipness-animal-2

「オーバーヘッドディープスクワット」は、真っ直ぐに腰を落とすことができていなかったよう

さらにスタジオで、両腕を上げた状態で深く腰を落とす「オーバーヘッドディープスクワット」、片足でバランスをとる「インバーテッドハムストリングス」、振り向いてお尻にタッチする「ツイストヒップタッチ」の3種目をして、体の機能性を確認。2、3人組みになって、自覚できない点についても確認し合った。

自分では問題なくクリアできたつもりだったけれど、端から見たらスクワットはぐらついていたよう。プログラムの体験後には身体機能が向上するはず、というけれど、どう変化するのか、ワクワクしながら、「アニマルエナジー」がスタート!

【「アニマルエナジー」のダイエット効果は?】

フィットネスジム「ティップネス」で、10月1日(日)からスタートした新プログラム「アニマルエナジー」にトライ。ボディメイクや脂肪燃焼にも効果大とか。

音楽に合わせてレッスン!アクティブな内容に汗だく

tipness-animal-3

「サソリのポーズ」はストレッチ効果が抜群で、家でも実践したいと思った

「ティップネス」が開発したプログラム「アニマルエナジー」は大きく4つのパートに分かれている。最初のパートである「CORE(コア)」は、低い姿勢で歩くことで足腰を鍛える「クマのポーズ」や、片足を高く上げて内側へひねる「サソリのポーズ」など、集中的に体幹を使う。

アップテンポの音楽に混乱もしたけれど、複雑な動きはないので、慣れるとリズミカルにできるようになってきた。特にサソリのポーズは、脇腹から股関節までがグッと伸びて心地いい。

tipness-animal-sashikae

脚を踏み込みながら、腕を大きく動かす「スプリットアーム」

続く「Arm & Leg(アームアンドレッグ)」では、テナガザルをイメージした動きがメイン。指を組んだ状態で腕を8の字に動かしたり、ジャングルで草をかき分けるように、両手足を大きく動かしたり。

手足の先まで動かすことで、血流を全身に循環させて、老廃物の排出につなげるのがこのパートの狙いなのだとか。

また、このパートでは、重心の上下移動が多いことも特徴。これにより下半身とコアを鍛えることができるという。

tipness-animal-5

「フラミンゴのポーズ」は、前後の動きが意外とハード

孔雀やフラミンゴなど、鳥をイメージした動きが多い「BALANCE(バランス)」のパートでは、片足立ちで羽ばたくように腕を動かしたり、片足を前に出した態勢で両腕を振り上げたり…。このパートの動きは、胸を開き、肩甲骨を意識して使うのがポイントとか。

バランス系というから、スローな振り付けだと思ったのに、動きの激しさは変わらず、Tシャツが汗で湿ってきた。これまで以上に、次の動きに移るスピードも早く、リズムにのり遅れないように、もう必死!

tipness-animal-6

「もっとジャンプ!」の声にがんばるものの、腕を振り上げるだけで精一杯に…

水分補給をはさみ、最後は有酸素運動で心拍数を上げて脂肪を燃焼する「HR Part(ハートレートパート)」。カエルやウサギのような四つん這いでのジャンプが多く、これまで以上に体力を消耗…。

特に、ジャンプしながら、木の実をつかみとるように片手を振り上げる「モンキーポーズ」がキツい! あまりにも猿っぽい動きなので、最初は恥ずかしさもあった。でも、リズムにのって動いていると、だんだん楽しさが上回ってくる。心の中で「ウッキー!」とつぶやいてしまった。

とはいえ次第に疲れが蓄積。精一杯にジャンプを試みるけれど、だんだん足が上がらなくなってきた…。見回すと、「ティップネス」ヘビーユーザーのみなさんは、最後までしっかりとジャンプをしている。運動経験の差を感じずにはいられなかった。

* * *

プログラム終了後にバランスチェックをしたところ、スクワットの腰を下ろす動きがプログラム受講前よりもスムーズになった。レッスン前のなんとなくの不調感もスッキリして、お腹はペコペコ!

動物の動きと聞いて、ヨガのようなレッスンを想像していたけれど、実際は激しく動いてしっかりと汗をかくプログラムだった。でも、ヨガやバレエなどのようにあらかじめポーズを知っている必要はなく、動物をイメージしながらノリノリの音楽にのって行うので、初めてでも楽しめるはず。

私はこのプログラムだけでもかなりぐったりだったけれど、「ティップネス」マーケティング部の本田尚子さんによると、「パフォーマンスを上げるために、筋トレ前に行うのもオススメです。また、運動の後に行う場合は、筋肉痛を和らげる効果が期待できます」とか。

体力に自信のある人は、いつものトレーニングに「アニマルエナジー」をプラスすれば、よりボディメイクと疲労回復に効果的かも。

気になる「アニマルエナジー」のダイエット効果は?

tipness-animal-7

海外で人気の”アニマルムーブメント”を取り入れた「アニマルエナジー」は、全身の筋肉や神経を活性化するプログラム。

レッスンは大きく4段階に分かれていて、まずは体幹を整えた後、手足を動かして、血液を全身に循環。その後、重心移動を伴うバランス系の動きを行うことで、体の可動性と安定性をアップ。特に股関節、骨盤、肩甲骨など、姿勢に関わる部位をしっかりと使うので、きちんと意識してレッスンを受けると、日常でついた体の歪みの改善にもつながる。

さらに、適度な強度の有酸素運動で脂肪を燃焼。これにより、老廃物を排出することもできるので、疲労回復や代謝アップの効果も期待できるという。楽しく運動しながら、体を整え、美ボディを目指したい女子はぜひチャレンジを。

【データ】
ティップネス「アニマルエナジー」
スタート日:2017/10/01(日)
利用料金 :「ティップネス」会員は無料
導入店舗 :ティップネス57店舗
電話   :0120-208-025(ティップネスお客様情報ダイヤル)
http://tip.tipness.co.jp/start_tipness/featureprogram/animalenergy/

関連記事