ボディメイクに◎!ティップネスの新プログラム「アニマルエナジー」を【体験レポ】

欧米を中心とした海外では、動物の動きを模した”アニマルムーブメント”を取り入れた自重トレーニングが、体の機能性アップに役立つと数年前から人気だそう。

tipness-animal-8

これに注目したフィットネスジム「ティップネス」は、”アニマルムーブメント”を組み込んだリカバリープログラム「アニマルエナジー」を開発。音楽に合わせて動く同プログラムでは、有酸素運動で脂肪を燃焼しつつ、美しいボディラインを手に入れることができるという。

そこで、アラサー編集のOが、2017年10月1日(日)からスタートした「アニマルエナジー」を東京の「ティップネス東新宿」で開かれたファンミーティングで体験してみた!

* * *

「アニマルエナジー」は、日常で使わない筋肉をまんべんなく使うので、全身のバランスをはじめ、ボディラインを整えるのに◎。さらに、適度な有酸素系運動で老廃物を排出するので、受講後には身体機能の向上や疲労回復の効果も期待できるのだとか

プログラム体験前に、その日のコンデションを測定

tipness-animal-1

私はいちばん低調の“S−(マイナス)”という結果に。一方、同行した編集・Iは“L+(プラス)”と絶好調!

プログラムの効果を実感するために、まずは「コンディショニングスキャナー」で、この日の心身の状態をチェック。結果は体と心へのストレス対応力をL(高い)とS(低い)で、その日の体調を+(プラス)と−(マイナス)で判定し、4段階で表示されるという。

私の判定結果は、“S−”。本来は、ウォーキングやストレッチなど、ゆっくりと体を回復する運動がオススメな状態なのだとか。

ちなみにレッスン前に聞いたところ、この日の体験に参加したティップネス会員のみなさんは、“L+”という人が多いよう。そんな人たちの中で、ついていけるのか、ちょっとだけ不安な気持ちに。

簡単な動作テストで、体の機能性をチェック!

tipness-animal-2

「オーバーヘッドディープスクワット」は、真っ直ぐに腰を落とすことができていなかったよう

さらにスタジオで、両腕を上げた状態で深く腰を落とす「オーバーヘッドディープスクワット」、片足でバランスをとる「インバーテッドハムストリングス」、振り向いてお尻にタッチする「ツイストヒップタッチ」の3種目をして、体の機能性を確認。2、3人組みになって、自覚できない点についても確認し合った。

自分では問題なくクリアできたつもりだったけれど、端から見たらスクワットはぐらついていたよう。プログラムの体験後には身体機能が向上するはず、というけれど、どう変化するのか、ワクワクしながら、「アニマルエナジー」がスタート!

【「アニマルエナジー」のダイエット効果は?】

FEATURE

さらに見る

You might also like...