ぽっこりお腹を引き締める、ペンをお尻にキュッ!の「肛門体操」

「ぽっこりお腹の原因は、肛門周りの筋肉である、肛筋が衰えているからです」と語るのは、“肛筋トレーナー”の久嬢由起子さん。肛門を締める動きを続けたことで10kgのダイエットに成功したそう。

1735_koukin8

「骨盤を支える筋肉は、多くが肛門の周辺に集まっています。この筋肉をまとめて肛筋と名付け、毎日トレーニングしてみたら、インナーマッスルが鍛えられ、お腹が引き締まりました。肛門を締めるのは、便を我慢するときのような感覚。お尻全体にキュッと力を入れてもよいのですが、慣れてくると肛門周りだけを締められるようになります。糸が肛門から背骨を通って、頭頂部まで肛門を引き上げるイメージ。お尻にペンを挟んで“締める”感覚を練習してみて」(久嬢さん)

Step1 肛門に軽く触れるようペンを挿し込む

1735_koukin

背筋はすっと伸ばす。手は軽く握る。膝は自然に伸ばす

 

1735_koukin2

肛門をキュッと閉じるイメージ

背筋を伸ばして立ち、ペンを肛門に軽く触れるくらいまでお尻の割れ目に挟み込み、肛門にキュッと力を入れる。自然に呼吸をしながら8秒間キープ。これを3回繰り返す。

1735_koukin3

ペンを挟んだまま腕を軽く前へ伸ばし、ゆっくり膝を曲げて8秒間キープし、元の姿勢に戻す。これを3回繰り返す。

【次ページでは応用編「肛門体操」を紹介!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...