10kg減も!「しりペン体操」のやり方を考案者が解説|簡単エクサでぽっこりお腹を引き締める!!

「ぽっこりお腹の原因は、肛門周りの筋肉である、肛筋が衰えているからです」と語るのは、“肛筋トレーナー”の久嬢由起子さん。肛門を締める動きを続けたことで10kgのダイエットに成功したそう。久嬢さんが考案した「しりペン体操(尻ペン体操)」について教えてくれた。

1735_koukin8

「骨盤を支える筋肉は、多くが肛門の周辺に集まっています。この筋肉をまとめて肛筋と名付け、毎日トレーニングしてみたら、インナーマッスルが鍛えられ、お腹が引き締まりました。肛門を締めるのは、便を我慢するときのような感覚。お尻全体にキュッと力を入れてもよいのですが、慣れてくると肛門周りだけを締められるようになります。糸が肛門から背骨を通って、頭頂部まで肛門を引き上げるイメージ。お尻にペンを挟んで“締める”感覚を練習してみて」(久嬢さん)

Step1 肛門に軽く触れるようペンを挿し込む

1735_koukin

背筋はすっと伸ばす。手は軽く握る。膝は自然に伸ばす

 

1735_koukin2

肛門をキュッと閉じるイメージ

背筋を伸ばして立ち、ペンを肛門に軽く触れるくらいまでお尻の割れ目に挟み込み、肛門にキュッと力を入れる。自然に呼吸をしながら8秒間キープ。これを3回繰り返す。

1735_koukin3

ペンを挟んだまま腕を軽く前へ伸ばし、ゆっくり膝を曲げて8秒間キープし、元の姿勢に戻す。これを3回繰り返す。

【次ページでは応用編「肛門体操」を紹介!】

Step2 肛門を締めながらお尻で歩く

1735_koukin4

肛門に力を入れて閉じる。足首は揃える。目線は前

膝を立てて座り、肛門にキュッと力を入れて締める。足首を揃えて両脚を浮かせ、腕を左右に振ってウエストをねじりながら、お尻で8歩進む。これを3回繰り返す

Step3  肛筋をストレッチして柔軟性のある肛門に

1735_koukin6

【吸う】背筋は自然に伸ばす。肛門の力を抜く

 

1735_koukin5

【吐く】肛門に力を入れて閉じる

和式トイレに座るイメージでしゃがむ。太ももの上に肘を置く。肛門にキュッと力を入れて閉じ、息を吐きながら4秒キープ。続いて腰を後ろに軽く引いて肛門の力を抜き、息を吸いながら4秒キープ。これを3セット繰り返す。

“ながら”肛筋体操も!

「家事の合間にも肛筋体操はできますよ」(久嬢さん)

床の拭き掃除のときにオススメなのが、ハイハイの動きに腰のひねりを加えたポーズ。

1735_koukin7

肛門に力を入れる。目線は少し上

よつん這いになって肛門を締める。右手は左斜め前、同時に腰をひねって左膝を右斜め前へ。反対側も同様に。

肛筋トレーナー・九嬢由起子さん

1735_koukin9

クラシックバレエの経験を元に、肛筋ストレッチを考案。著書『やせたいなら肛筋を鍛えなさい』(KADOKAWA)、DVD『やせたいなら!健康でいたいなら!肛筋を鍛えなさい』(Beauens Japan)

※女性セブン2017年9月28日号

【関連する記事をチェック!】
お腹痩せに効果的!運動不足で衰えた体を蘇らせる「水中ストレッチ」
むくみ脚やぽっこりお腹に効果が!どこでもできる【指だけヨガ】
ぽっこりお腹を改善!寝起きにベッドで「ウエストシェイプ」
ウエストほっそり!【魔法の絹手袋マッサージ】でお腹痩せ!
ぽっこりお腹の改善に◎。内臓脂肪の減少に役立つ「明日葉」のレシピ3選

関連記事