ぺことりゅうちぇる驚愕!パルメザンチーズにダイエット効果

成人が摂取すべきカルシウムの量は、1日当たり700mg。でも、ほとんどの日本人は1日当たり約150mgの摂取不足なのだとか。

Morinaga_Karutashi01

9月10日の挙式以来、公の場で初の夫婦2ショット

そこで、森永乳業は、2017年9月14日(木)、東京・八重洲で、「新健康習慣 パルメザンで『カル足し!』プロジェクト」を発表。

これは効率よく手軽にカルシウムを摂取するための方法として、同社のロングセラー製品である「クラフト 100%パルメザンチーズ」を料理に”ちょい足し”することを提案するもの。1食5gを料理に足すと、摂取不足の約150mgを3食で補充することができるという。

教授も14kg減!チーズにはダイエットへのプラス効果が

Morinaga_Karutashi04

発表イベントに登壇した、東北大学大学院農学研究科教授の齋藤忠夫さんによると、パルメザンチーズをはじめとする硬質チーズは、牛乳の成分を濃縮しているため、カルシウムを摂取するのにもってこいなのだとか。

「小魚などに含まれる『リン酸カルシウム』は非吸収性なので、人間が栄養として取り込みづらいもの。一方、牛乳や乳製品の『インカルシウム』は、飲食することで吸収しやすい。『食物繊維』や『シュウ酸』など、カルシウムの吸収を阻害する成分を含まず、その吸収を促進する『ビタミンD』を含む点でも、乳製品は優秀なんです」(齋藤さん。以下、「」同)

Morinaga_Karutashi03

また、カルシウムを摂ることは骨粗鬆症の予防や虫歯予防、ダイエットにも有効、と齋藤さんは話す。

「乳製品に含まれる脂肪酸『酪酸』は、脂肪燃焼を高めてくれるんです。私自身、研究でチーズを食べ続けたことで、半年で14kgの減量を達成しました。いまだにリバウンドもしていませんよ」

ぺことりゅうちぇるも”カル足し!”。そのおいしさにびっくり

同イベントには、読者モデルでタレントのぺこさんとりゅうちぇるさんも登壇。司会に促されて、ぺこさんは味噌汁、りゅうちぇるさんは炊き込みごはんに「クラフト 100%パルメザンチーズ」で”カル足し!”。恐る恐る食べた2人だが、「これだけで、料理上手の味に!」「味が濃くなる上に、まろやか」と口々に絶賛した。

結婚祝いとして森永乳業から「クラフト 100%パルメザンチーズ」70本を贈られたが、ぺこさんは、「料理はおいしさや栄養よりもかわいさ重視。”カル足し!”するにも、お味噌汁も作れない」とコメント。

Morinaga_Karutashi02

夫妻は、東京・八王子で9月10日(日)に挙式をあげて以来、公の場に初お目見え。2人は結婚指輪を披露し、幸せな様子を見せた。

りゅうちぇるさんは「結婚後の食事は、一緒に食べることを大事にしている。ぺこはカップケーキを夜ごはんに作ってくれるんですが、本当においしくって、幸せ」と、のろけた。ぺこさんは、「りゅうちぇるのほうが料理は得意」と認めながらも、「結婚したからには、女の子としてりゅうちぇるを支えていけるよう、料理もがんばりたい」と、意気込みを語った。

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事