【顔ヨガ1分動画】「マントヒヒの顔」で頬をぷるんと上げて若顔オーラ全開に!

“1回たったの10秒! 見た目年齢マイナス10歳!”──表情筋を動かすだけで、顔のたるみ、ほうれい線、しわを解消し、整形並みの小顔&若顔がゲットできる「顔ヨガ」。テレビをはじめ多くのメディアで話題沸騰中だ。kaoyoga_mantohihinokao1

多くの有名人の顔をあっという間に若返らせてきたカリスマ顔ヨガ講師の間々田佳子さんが、気になるお悩みを解決してくれるシリーズ。第26回目のお悩みは、「老け顔」。

Q:顔に若々しさを取り戻すには?

まだ20代だというのに、なんだか顔全体の肉が下がってきたような感じ。下を向いてスマホをやってると、頬の肉がたれるって本当ですか? 私としては、スマホは手放せないし、暇さえあれば見てます。スマホ生活を改善すれば、フレッシュな顔に戻るんでしょうか?(24才・会社員)

A:指先に筋肉の動きを感じて

「もちろんです! スマホを見るということは、必然的に下を向いた状態になりますから、姿勢が悪くなります。さらに、重力に逆らえない脂肪は下がる一方。頬の肉も、当然たるんできます。スマホ生活を改善したとしても、猫背の状態で過ごしていれば、常にうつむき加減ですから、頬のたるみは改善されません。まずは、正しい姿勢を習慣づけることが優先。また、小さな画面ばかりを見ていると、表情筋を動かすこともありません。眉間に縦じわが刻まれた怖い顔や、無気力な脱力顔になっていませんか? そんな相談者さんには、『マントヒヒの顔』がオススメ。初めは難しいかもしれませんが、頬の筋肉を動かすには効果大のポーズです。表情筋が活発に動けば、20代らしいイキイキとした表情もゲットできますよ」(間々田さん)

頬だけ動かすことを意識

4本の指を、たるみが気になる頬に軽く添える。頬を動かす度に、指の下で頬の筋肉がピクピク動けばOK! 頬と連動して口も動かしがちですが、動かすのは頬だけ。口で頬を上げてしまうと、頬が鍛えられないのでNG。

「『マントヒヒの顔』を行って、ほうれい線の上にのっかっていた脂肪がなくなり、深い溝が解消された生徒さんや、このポーズで初めて、頬を上げて笑うことを知り、“表情がステキになった!”とほめられた生徒さんも。笑顔というと、たいていの人が口元を意識していますが、口元と頬の両方をキュッと引き上げるのが最高のスマイル。実際に鏡の前でやってみると、違いに気づくはずです。さらに、私の場合は、気になっていてた、ほうれい線や頬周りの毛穴が引き締まり、肌にハリも出ましたよ。動かせば動かすほど、弾力のある頬によみがえること間違いなし」(間々田さん)

頬のたるみが気になりだしたら、こまめに行って。頬が下がると老け顔に見えるので、頬を上げて元気な印象に! 自分の顔に自信が持てれば、表情も自然と豊かになるはず。頬が上がれば、顔全体に凹凸ができて小顔効果にも。

顔ヨガのポーズ「マントヒヒの顔」のやり方

頬に、親指以外の4本の指を横に揃えて当てる。唇を歯に巻き付け、ゆっくり“眩しい顔”をする。指の下で頬の筋肉が動くのを意識。

【関連する記事をチェック!】
健康に痩せるカギは睡眠。7時間眠る「3・3・7睡眠」推奨
ダイエットの大敵、冷え。入浴での血行促進と睡眠で解消するコツ
寝ダメで疲れはとれる?エイジングを避ける5つの睡眠習慣
1日2セット×9日間で脱・お腹ぽっこり!おかもとまりも痩せた「猫のびストレッチ」
上質な眠りで脂肪燃焼を促進!「快眠グッズ」15選

顔ヨガ講師・間々田佳子

テレビで芸能人の顔をあっという間に若顔に変えて話題に。著書の累計部数が48万部突破。最新ポーズを含む31種類の顔ヨガポーズを収録した、間々田佳子監修の『日めくり まいにち、顔ヨガ!』は6万部超の大ヒット。卓上&壁掛け式だから、トイレ、洗面所などいつでもどこでも実践!

【このシリーズのバックナンバー】
「顔面ブランコ」でバランスの良い小顔美人に! 
「シンクロノーズ」で小鼻のむだ肉を取って鼻筋を通す! 
健康的なぷるるん唇を「チューください」でゲット!
「ムンクのマッサージ」でむくんだデカ顔をシャープな小顔に! 
ブルドックライン撃退&ダイエットの救世主「おいしい顔」
「天使のまばたき」でアイラインのいらない瞳に! 
隠せない首のたるみ肉は「ひっひっひー」で瞬殺! 
「こめかみストレッチ」でたるみ顔を即効リセット
「ムンクの顔」で目のクマ&額じわをW撃退! 
目元のしわを刻まれる前に消す「目尻のVスマイル」
頬のたるみとほうれい線を一挙改善する「おだんごロック」
あごラインを引き上げ、二重あごを解消!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事