【オバ記者連載58】カリスマ整体師に教わるダイエットに大事な3つのツボ

当サイトがおくる好評連載『アラ還・オバ記者の悪あがき美容道中』。還暦で、バツイチ独身。オバ記者ことライターの野原広子が、美容・ダイエットに奮闘し、女を磨く日々を綴ります。これまで幾度となくダイエットに挑戦し、そのたびに挫折。婚活は、連敗記録を更新中。「痩せてイイ男と結婚したい!」――そう切実に願うオバ記者に春は訪れるのか?

obakisya58_4

今回もオバ記者は、秋葉原の整体院に「カリスマ整体師」と絶賛する先生に会いに。ダイエットをするのに大事な3つの“ツボ”について教えてもらいました。

* * *

だるい。眠い。気が滅入る。穴があったら入りたい。世間に知れたら恥ずかしいことがバレたわけではないけれど、季節の変わり目のせいか、60才という節目だからか、暗い穴でまったり寝ていたいのはホント。

ここ数日、ダイエットに向かう気力が湧かないんだわ。やり方はわかっているけど体が動かない。こんな時はどうしたらいいんだろう?

這うようにご近所の、『Rwork秋葉原整体院』に行っての元プロボクサーの院長、島田信也先生に聞くと、「ああ、そんな時はありますよね」と真剣な顔でうなずくんだわ。先生は理学療法士の資格を持っていて、病院でリハビリの指導をしていた経験もあるそう。

obakisya58_3

「人の体に大事なのは代謝を上げて、動きやすい体にすること。体にいい食べ物を取り込むこと。それからもうひとつ。心の慰めになることをすること。この3つのどれかが欠けても、心身が健やかにならないんですよ」

動ける体と、いい食べ物。ここまではいい。最後の“心の慰め”って何?

好きな人とのハグ、好きな音楽を聴く、そして…

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...