姿勢も改善!【美腹筋エクサ】お腹のインナーマッスルを鍛える筋トレ「ニートゥーチェスト」のやり方

細いだけではなくて、しなやかな筋肉がついた”美腹筋”が、今どき女子の理想!

RIZAP_kawamoto_esercise03_01

写真/アフロ

実現するには、やはり筋トレがマスト! そこで、「RIZAP(ライザップ)」のイケメントレーナー、川本裕和さんにお腹引き締めに効く筋トレ「ニートゥーチェスト」を教えてもらった。

* * *

座った状態で、膝を胸に引き付ける「ニートゥーチェスト」は、お腹の中心に位置する「腹直筋(ふくちょくきん)」と、お腹の深層に位置するインナーマッスル「腸腰筋(ちょうようきん)」への効果大。背骨と骨盤をつなぐ「腸腰筋」は、美姿勢にも欠かせない筋肉なのだとか。

RIZAP_kawamoto_esercise02f_50D2043

「ひざを胸に引き付けるときに、息を吐ききって、腹筋の収縮を強めるのがポイント。上半身は動かさずに、腹筋だけでひざと胸を近づけましょう。脚を床につけずに続けると、さらに負荷がアップしますよ」(川本さん)

腸腰筋を鍛える「ニートゥーチェスト」は、ぽっこりお腹に悩む人にオススメ。特に仕事ではデスクワークが多く、お腹の力が抜けた姿勢で座りっぱなし…という人は、姿勢改善のためにもぜひ取り入れて。

【次のページで、「ニートゥーチェスト」のやり方を指導!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事