【月齢ダイエット】9月13日「双子座の下弦の月」はストレス過食に注意!

人気占い師、キャメレオン竹田さんが「月のリズム」に合わせたダイエットを提案。

月齢2_20170731キャメ

写真/アフロ

9月13日は「双子座の下弦の月」。移り気で落ち着かない一方、いくつものことを同時にできるというメリットも。なので、ダイエット方法もひとつに絞らずに、複数のことを同時進行でやってみましょう。また神経とリンクしているので、ストレスに着目することもダイエット成功への近道ですよ。

* * *

秋の気配を感じ始めると、食欲が増してきますよね。秋は美味しいものがいっぱい! ダイエット中は食べ過ぎ注意ではありますが、「下弦の月」のときは新月に向かっていくので、解毒や放出しやすい体になっています。ご褒美DAYがあってもいいかもしれませんよ。

なぜ太ってしまうかといえば、本当のところは実に単純。摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまうから。そして大人になればなるほど代謝が落ちるので、余分な肉や脂肪がつきやすくなってしまうのです。わかっていても摂取カロリーが増えてしまう、という人は、お腹が空いたから食べているのではなく、ストレスで多く食べてしまっている可能性も…。

下弦の月_20161221キャメ

私たちの体は食べものが入るとリラックスするようにできているそう。食べることで一時的にホッと癒される効果があるため、空腹じゃないのに食べたくてしょうがない、というときはストレス過多状態なのかもしれませんよ。

リラックスはダイエットに必須

双子座とリンクしているのは、神経。交感神経と副交感神経で構成されている自律神経のバランスが乱れると便秘になったり、血行不良になって冷えを引き起こしたり、ダイエットにも悪影響があるんです。

自律神経は循環器、消化器、呼吸器などの働きを調整するために常に働き続けています。昼間活動しているときに働くのが交感神経。てきぱき動くためにスイッチオンしてくれる役割を果たしています。そして夜、リラックスしているときに働くのが副交感神経。新陳代謝、疲労の回復、ケガなどの修復をおこなって、元気な体に戻す役割を果たしています。

自律神経にダイレクトに働くといわれているのが“感情”。特に我慢することが自律神経の乱れに繋がるようです。

【次ページでこの時期気をつけるべきポイントをさらに解説!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...