お腹痩せに効果的!運動不足で衰えた体を蘇らせる「水中ストレッチ」 

加齢による衰えや運動不足は実感していても、運動するのはなかなか大変。特にまだまだ暑い今の季節、汗はかきたくはないもの。ならば、涼しくてラク~に体を動かせる「水中ストレッチ」はいかが? 重力から解放され、ほどよい水圧に包まれ、風呂なら湯のリラックス効果大。“水の力”で代謝も上げましょう!

水中ストレッチ

水中ストレッチ効果を上げるために、以下の3つを最初に行おう。「水に肩まで浸かるだけでも、血流量は倍以上アップします。そして、水中で足を小刻みに揺らすと、水圧によって静脈の血液が肩までスムーズに上がるので、その状態で肩をまわせば血液が全身を巡って肝臓への血流量もアップし、老廃物の除去も加速します」(国士舘大学教授・須藤明治さん)。その後、深呼吸をすれば、さらに呼気からも老廃物を除去できるのだ。

1.足ブラブラ

1733_suichu01

水の浮力を利用して片足ずつ行う。足の付け根からつま先まで、足全体を水に浮かせ、ブラブラと5秒間、小刻みに上下に揺らして筋肉や関節をリラックスさせる。プールでは立ったままで片足ずつ同様に。

2.肩まわし

1733_suichu02

【1】片手を肩にのせて、そのままゆっくり大きく前から後ろに5回まわす。
【2】次に、後ろから前へ5回まわす。片手ずつ交互に行って。

3.深呼吸

1733_suichu03

鼻から3秒吸って、口から6秒で吐き出す。これをゆっくり3回行う。

お風呂でシェイプアップ

毎日入るお風呂も小さな工夫次第で、自分だけのスポーツジムに。1日たった5分のストレッチを行うだけで大きな変化が訪れます。

「夏は、湯船に浸からずにシャワーですませる日が多い」「半身浴が好きなので、腰までしか浸からない…」。そんなお風呂習慣は、非常にもったいないと、前出・須藤さんは言う。

「子供にはよく“肩まで浸かりなさい”と言いますが、大人も同じ。しっかりと湯船に浸かれば、水の恩恵を受けられます」(須藤さん。以下「」は同)

風呂の役目は体を清潔にするだけではない。湯船にゆったり浸かれば浮力によって体が癒され、水圧と湯の温かさにより血流も上がり、体のさまざまな不調を取り除くことが可能。

さらに、1日5分の「風呂ストレッチ」を行えば、新陳代謝が活発になり、肌もきれいになるうえ、健康的にやせられるなどの効果も期待できるのだ。

「ドイツでは、医学的に認められた『バーデ』という温泉療養施設があり、治療やリハビリのためにアクアエクササイズのプログラムが用意されています。その理論をもとに作成した『風呂ストレッチ』は、基本的には湯船に浸かった後、5分ほどのストレッチを行えばいいのですが、以下の項目を心がけると効果はさらにアップします」

ただし、熱い湯にいきなり浸かる、水を飲まずに長湯をする、1回の入浴で複数の運動を行うなどの無理は禁物。いつもの入浴にプラスαの意識で、ゆったりと気長に行って。

bath_fotoco

写真/アフロ

【次ページでいよいよ水中ストレッチの実践編を解説!】

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントに関しては、削除させていただきます。ご了承ください。

FEATURE

さらに見る

You might also like...