鎖骨美人で痩せ体質を目指す!毎朝1分の「デコルテエクササイズ」

「うっとり美容」で自身も8kg減を達成した小林さんが、日常に取り入れやすい「ながらエクササイズ」を指南。

小林_デコルテ1

今回はキレイなデコルテを作る簡単エクササイズ。寝起きの習慣に取り入れて。

* * *

デコルテが美しい人は、痩せ体質!?

鎖骨がシュッと美しい人って、姿勢も美しいと感じたことはありませんか? 鎖骨は本来、真っすぐに横に伸びているもの。姿勢がいい人はあるべき正しい位置に鎖骨があって、美しいデコルテになります。

しかし、猫背や巻き肩など、姿勢が悪い場合、鎖骨が埋もれてしまったり、V字やハの字になってしまっているケースが多く見受けられます。

デコルテに課題があると、首が太くなったり、首の後ろに丸みが出たり、アゴと首の境目がなくなってきたり…と悪循環を引き起こします。悪姿勢とともに、老け見えさせる原因でもあるんです。

 

肩甲骨を刺激して、美しいデコルテに!

小林_デコルテ5

その理由のひとつは、鎖骨周りから背中の一部へと広がる筋肉「僧帽筋(そうぼうきん)」がうまく使われていないため、こり固まってしまうから。すると、僧帽筋が常に緊張した状態になって、鎖骨が引っ張られて、正しい位置からずれてしまうのです。

僧帽筋は背中の中で大きな筋肉なので、この筋肉が固まってしまうと筋肉量が落ち、代謝が下がってしまいます。その結果、太りやすい体質になってしまう恐れも!

今回ご紹介するのは、僧帽筋がついている肩甲骨を上下に引っ張りながら鍛え、鎖骨を正しい位置に戻すエクササイズ。生活に根付いた運動は「ダイエットが長続きする秘訣」! その理由は以前の記事(脱リバウンド!日常生活でなにかを「しながらエクササイズ」のススメ)をご参考に。

【次ページで毎朝1分の「デコルテエクササイズ」を解説!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事