石原さとみや藤原紀香ら美肌女優が実践!「腸活」の3大要素

石原さとみ(30才)や藤原紀香(46才)、永作博美(46才)、小倉優子(33才)など、芸能界には「腸活」を実践している女優は多い。

1731_ishihara_satomi_800px

自宅に「マイぬか床」をもっているという石原さとみ

腸活とは、善玉菌を強化し、正常な腸内環境を保って健康な体を手に入れることである。現在は、関連本が多数出版されるなど、一大ブームとなっている。

「腸を制するものは美を制す。そのくらい腸と美容の関係は深いんです」、『美女になる腸トレ』などの著書がある美腸アドバイザーの齊藤早苗さんはそう力説する。

「腸は不要な毒素の約75%を便で排出してくれていますが、便秘で老廃物がたまってくると、血液のなかに毒素が混じり、血行が悪くなる。肌のくすみやむくみにつながってしまうのです。また、新しい細胞を作ってお肌を新陳代謝させるには、腸が吸収するビタミンなどの栄養素が必要です。腸がうまく栄養を吸収できないと、肌荒れが起きやすくなります」(齊藤さん)

やはり、冒頭に挙げた女性芸能人たちの美肌には“腸のチカラ”が深く関わっていた。

1731_fujiwara_norika_800px

藤原紀香も「腸活」女子のひとり

永作は、美しさの秘訣について「腸内の流れを滞らせないために」と善玉菌がたっぷり入った甘酒を飲んでいると公言。石原は、発酵食品であるぬか漬けにハマり、自宅に“マイぬか床”を持っている。

藤原も、ヨーグルトやみそ、麹などをよく食べていることをブログで明かし、「腸活女子、がんばろ」と綴っている。小倉は腸活によって15年来の便秘が解消したとテレビで語っている。

食物繊維はバランスよく摂る

FEATURE

さらに見る

You might also like...