【山本浩未さんのメイクのメ】ハイライトを仕込んで大人仕様のツヤ肌に

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は、ツヤ肌のつくり方について。

* * *

メイクのメ_山本浩未_正方形

浩未さんが大人向けのハイライターをセレクト

若い人たちの間では、ツヤ肌が流行っています。ツヤがあると健康的に見えますし、顔に立体感やハリを与えてくれるので、大人の肌にもぜひ取り入れたい質感。でも、ただツヤをプラスしても、肌のキメや毛穴が悪目立ちしちゃって、「テカってる?」ってなる恐れがあるんですよね。そこで今回は、大人仕様のツヤテクをお教えします。このところ、私自身も毎日やっている、お気に入りのテクです。

使うのは、肌に明るさと輝きをプラスする、ハイライター。これを、いつものベースメイクの、下地とファンデーションの間にちょこっとプラスするんです。ハイライターの形状はいろいろありますが、薄く伸びて肌にフィットするリキッドやクリーム状のものが、使い勝手がよくておすすめ。

ほどよいツヤ肌をつくるハイライターの使い方

コツは少量を、ポイント的に使うこと。ハイライトって塗った部分を高く見せてくれるけど、広くも見せてしまうから、量が多いと顔が大きく見えたり、ツヤではなくテカりに見えたりしてしまうんです。

顔全体に下地を塗ったら、つけるのは、まず、頬骨の上。ビーズ1粒くらいの量を中指に取り、両中指の先を合わせてなじませます。それを、笑ったときにいちばん高くなる部分から指1本分上、黒目の下から目尻方向にトントンとぼかします。次に同じ量を取り、眉間から鼻筋を通って目頭の高さまで伸ばしたら、眉間から額には、円を描くようにぼかします。最後に指先に残ったハイライターを、唇の上とあご先にちょんちょんとつけます。この上から、ファンデーションをいつも通り塗るだけ。

【次ページで浩未さんオススメのハイライターを紹介!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事