基本は大股歩き!6か月で20kg減の治療家が【痩せグセ】を伝授

巷にあふれるダイエット本。中でもそのメソッドで自身も、減量や体型維持を実現している著者に突撃!

人生が変わる、読むやせぐせ ― 姿勢、食べ物、飲み物、ツボ押し……知ってる人だけ魅せるカラダに。

気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

今回、お話をうかがったのは、巣鴨総合治療院グループ総院長で、自身も6か月で20kgの減量を達成したという沢田大作さん。4回のリバウンドを経た経験をもつ沢田さんに、その経験を乗り越えて得た”痩せを維持する秘訣”を教えてもらった!

* * *

yaseguse_SawadaDaisaku01

【痩せグセ01】痩せの基本は、大股歩き

俯き加減になって小股で歩くと、使う筋肉が少ないため、運動効果も減少。また頭痛や肩こり、腰痛が起こったり、胃を圧迫するために逆流性食道炎の原因になったり、と猫背は健康的にも悪影響が。

「大きく腕を振って大股で歩くと、骨盤周りや背中の脂肪が落ちる効果が期待できます。もちろん姿勢も重要。背筋を伸ばし、お腹に意識をして腹式呼吸をしながら歩けば、さらに体幹の引き締めにつながります」

【痩せグセ02】食事は「食物繊維」を含む野菜から

ごはんやパンなどの炭水化物から食べはじめると、血糖値が急上昇。脂肪を溜め込みやすい状態に体を導いてしまうので、絶対にNG!

「食事は必ず『食物繊維』を豊富に含む野菜から。より消化に時間がかかるので、血糖値の急上昇を妨げることができます。次に肉や魚などの『たんぱく質』、最後に『炭水化物』の順が”痩せる食べ方”です」

また、夜遅い時間の食事も、炭水化物や脂質をエネルギーとして消費できないため、デブの原因に。夕食はできる限り20時までに食べ終わるのがベスト。それ以降になるなら、カロリーの少ないこんにゃくや海藻、野菜などを選んで。

【痩せグセ03】飲み会ではウーロンハイを飲め!

ダイエット中といえど、飲み会に参加する機会も。そんなときに、注意したいのはお酒のチョイス。

「ウーロンハイは糖質量もカロリーも低めだし、大概の飲み屋で注文できるお酒。さらに、ウーロン茶に含まれる『ウーロン茶ポリフェノール』には、脂肪の吸収抑制効果も。特におつまみに脂質が多い飲み屋でのお供には、オススメですよ」

糖質が多いビールは1杯までと心得て。

【関連する記事をチェック!】
自身も15kg減!ダイエットの専門家が教える【食の痩せグセ】4つ
NGの野菜も!【痩せる食べ方Q&A】ベジファーストのコツを伝授!
【心理テスト】あなたが無理なくできる「痩せグセ」を診断
●「痩せる食事」は難しい!?【自宅でRIZAP】チャレンジ1週目の報告も
毎朝5分で、下半身デブを脱出!【朝活ヨガ】で美くびれに

今回の回答者:沢田大作(さわだ・だいさく)

柔道整復師。巣鴨総合治療院グループ総院長、リオオリンピック日本代表のトレーナーも務め、これまで11万人以上に施術を行っている。また、音楽プロデューサー・つんく氏、プロゴルファー・片山晋呉氏の推薦でTarzan『ゴットハンド名鑑2010』に選出。近著に『人生が変わる、読むやせぐせ』(主婦の友社)など

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事