【山本浩未さんのメイクのメ】ティントタイプのアイブロウで汗をかいても消えない眉に

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は、汗の季節の眉メイクについて。

* * *

メイクのメ_山本浩未_正方形

浩未さんが汗でも落ちない眉メイクを解説

眉は顔立ちや印象を決めるので、「とりあえず、眉だけはメイクします!」って人は多いですよね。でも、「眉を描くのが苦手」という人も多くて、眉メイクに関するご相談をたくさん受けます。特に夏場は、がんばって描いたものが汗や皮脂で落ちやすくなるので、“落ちない眉メイク法”のオーダーが増えます。

手軽なのは、マニキュアの仕上げにトップコートを塗るように、眉専用のコート剤を仕上げに塗ることです。“アイブロウコート”は地味なアイテムですが、愛用している人が多い、隠れたロングセラーなんです。

でも、「もっとしっかり、アートメイクみたいに取れなきゃいいのに」という人には、タトゥーのように肌に着色するティントタイプのアイブロウがありますよ。タトゥーといっても1日から数日で消えるので、「失敗したら大変!」ということにはならないから、安心して。汗をかいたり擦ったりしても。落ちにくい眉になります。

落ちない眉をうまく描くコツは?

描き方のポイントは、毛のしっかりあるところから、ないところに向かって描き足していくこと。こうすれば、元の眉の形を生かしながら描けます。それと、眉は左右対称に描くのが難しいので、片方の眉を一気に仕上げないで、バランスを見ながら交互に描いていくのがコツです。

もうひとつのポイントは、眉頭には使わないこと。毛の少ない部分に使うといっても、眉頭をしっかり描いてしまうと、顔立ちがキツくなってしまうので、この部分は、普段使っているアイブロウパウダーを、ちょっと足すくらいにしましょうね。

【次ページで朝の眉を1日キープできるアイテムをご紹介!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事