ぽっこりお腹を改善!寝起きにベッドで「ウエストシェイプ」

「うっとり美容」で自身も8kg減を達成した小林麻利子さんが、日常に取り入れやすい「ながらエクササイズ」を指南。

小林_ウエストシェイプ1

今回は、ポッコリお腹を解消するエクササイズをご紹介。寝起きにベッドの上で行うのを、ぜひ毎日の習慣に!

* * *

ポッコリお腹は反り腰が原因!

女性は体幹の筋力が弱かったり、運動不足から反り腰になっている人が驚くほど多いと感じます。反り腰とは骨盤が前傾して、背骨が過剰に弯曲している状態のことをいいます。

これが良い姿勢だと勘違いして、胸を張った状態でお尻が突き出した反り腰になっている方もいれば、肩が前に出て胸が沈んだ猫背姿勢でお尻が突き出した反り腰になっている方もいます。

こうした姿勢ではお腹やお尻に力が入りづらいため、下腹のポッコリやお尻の下垂などのボディ崩れになりかねません。また腰が大きく湾曲しているため、腰痛を訴える方も多いでしょう。

いずれにしても反り腰は骨盤が前に倒れた状態なので、腰付近の背骨から骨盤、そして脚の内側付け根の骨にかけて広がる、インナーマッスルの腸腰筋(ちょうようきん)が萎縮している方が多いです。そのため、腸腰筋のストレッチを行い、縮んだ腸腰筋のケアを行っていきましょう。

ちなみに、反り腰かどうかのチェック方法は、後頭部、肩、お尻、かかとをぴったりと壁につけて立ってみてください。腰と壁の間に握りこぶし分以上の大きな隙間ができてしまう人は反り腰といえますよ。

【次ページで手軽にできるお腹引き締めエクササイズを紹介!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...