さすってむくみ解消!【魔法の絹手袋マッサージ】で美脚に

美しく健康なバストを作る「おっぱい体操」「美腹呼吸」の考案者である神藤多喜子さん。

神藤_美脚1

ここでは、絹の手袋を使ったマッサージで脚のむくみを解消する方法をご紹介。美肌作りにも役立つからチェックを!

* * *

むくみ脚はマッサージで解消するのが正解

一日中、座りっぱなし、もしくは立ちっぱなしで夕方には脚がパンパンにむくんでしまう経験は誰しもあると思います。同じ姿勢を続けることで、老廃物や水分が溜まってしまい、リンパの流れが滞ってしまうからです。

本来ならばふくらはぎの筋肉を使い、静脈やリンパ管をポンプにように動かして、老廃物を心臓に向かって押し上げるものなのですが、同じ姿勢を続けていると筋肉が使われずにポンプ作用がうまく働かなくなります。すると体内の水分や老廃物が下半身に滞りやすくなり、むくみが生じるのです。

また、むくみをそのまま放置していると、老廃物に脂肪細胞がくっついて脂肪化してしまい、脚が太くなるという悪循環を引き起こします。足首が太く、太ももにはたるんだ脂肪が…となる前に、魔法の絹手袋で脚痩せマッサージを行いましょう!

むくみ解消【魔法の絹手袋マッサージ】のやり方

足先から鼠径部に向かってしっかりとマッサージすることで美脚に導きます。また絹の補正効果でつるつるに肌のキメが整ったキレイな脚になれますよ!

神藤_美脚2

【1】足の指の間
足の指の間から上に向けて10回マッサージ。(以下、全てのステップを10回ずつ行う)

神藤_美脚3

【2】足の裏
かかとから足指のつけ根まで、足の裏全体をさする。

神藤_美脚4

【3】膝下(前)
両手を交互に使い、足首から膝まで上に向かってさする。

神藤_美脚5

【4】くるぶし
足首をはさむように、くるぶしの骨に向かって下から上にさする

神藤_美脚6

【5】膝下(後ろ)
両手を交互に使って、絞るようにふくらはぎをさする

【続いて次ページでは膝から上のマッサージを解説!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事