肩こりもラクになる対人関係療法って?『ツレうつ』作者告白

ベストセラー『ツレがうつになりまして。』の著者、細川貂々(ほそかわ・てんてん)さんが新刊『それでいい。自分を認めてラクになる対人関係入門』を上梓した。

1727_hosokawa_tenten_800px

コミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』はベストセラーに。漫画家の細川貂々さん

「ネガティブ思考クイーン」細川さんは、自分のことをこう言う。

漫画家として認められ、夫のうつ病発症というつらい体験はあったものの、それがきっかけになり、『ツレがうつになりまして。』というベストセラーを生み、子供にも恵まれて、これ以上何を望むの、と他人は思うのでは。

でも、と貂々さんは続ける。

ダイエット成功もオシャレも自信にならない自分

「ダイエットも成功しました。オシャレもしてみました。でも、自信にならない。自分は何をやってもうまくいかないダメ人間なんだという思いが、消えないんです」

ほめられることがあっても、「どうせ私なんか」と思い、「幸せそうね」と言われても否定してしまう。

「自分のネガティブ思考に気づいているのだから、ポジティブに変えればいいと自分でも思いました。でも、それができない。子供のときから母親のネガティブ思考で教育されてきて、自分の中にある核というのか、軸というのか、それが変わらないんです」

そんな貂々さんが、「対人関係療法」を手がける精神科医の水島広子さんと出会ったのは昨秋のこと。暗い、人づきあいが苦手、他人に振り回される、人をねたむ…。

ネガティブ思考を認めてあげる

こんな自分を変えたいと訴える貂々さんに、水島さんは言う。「小さいときからネガティブに生きてきたんだから、それでいいんです」。ネガティブな自分を嫌だなと思ったり、否定するのではなくて、自分はネガティブ思考なんだから、ネガティブでもしょうがないんだ、と自分を認めてあげましょう、と。

「最初にこの言葉を聞いたときはえーっという驚きでした。その場ですぐに受け入れられたわけではありません。でも、自分がネガティブ思考と感じている気持ちは、人間として当たり前の感情だと先生に言われて、少しずつ頭がほぐれていき、自分を認める練習をして。最近になって受け入れられるようになったんです。そしたら、とてもラクになって…」

肩こりが消えてきたことも“ラクになった”実感の一つ。

「先生に会う前の私は、夜寝るときも身構え、歯をくいしばって、24時間緊張していた。肩こりがひどいのも当然だったんです」

今もまだ“自分を認める”練習中ながら、「今までと違う見え方が発見できて面白い」と控えめな笑顔を見せた。

* * *

「自分はダメだ」と思っている人に。あなたの背中をそっと押してくれる「魔法の言葉」が満載のコミックエッセイ。

撮影/杉原照夫

※女性セブン2017年7月27日号

【関連する記事をチェック!】
おいしく腸活!ダイエットに役立つ「スーパー大麦レシピ」4選
【医師が解説】痩せホルモン分泌!リバウンドなしで痩せる「原始人ダイエット」
ダイエットの最強食!「スーパー大麦」と「もち麦」が痩せるワケ
効く?効かない?予防医学の権威が「健康に痩せる」ダイエットを格付け
逆転の発想でノーリバウンド・ダイエット!痩せる前に身に付けたい習慣って?

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...