【オバ記者連載50】激しい運動後、「ふくらはぎマッサージ」の効果に驚く

そして最後はマットに仰向けに寝て、正真正銘のリラックス。そこでコーチが、「寝ている皆さんのふくらはぎを触らせてくださいね」って不思議なことを言うの。静かなスタジオにコーチの足音が小さく聞こえていたけれど、それがだんだん近づいてきて私の足元へ。「失礼します」と言ったかと思うと、いきなり私の両足首をつかんでプルプルプル。数回、振った後で、ふくらはぎの数か所をキュッキュッキュとつかんだの。

痛くはないけど、「気持ちいッ」と言うほどでもない。なんたって20人以上の脚に同じようにするんだから、ひとりにかける時間は10秒あるかないかよ。全力を出し切った私は、「なぜ?」と考える力も残っていなかったんだけど、その威力に気がついたのは翌日、翌々日、翌々々日。

「筋肉痛がないからこんな動きも余裕」というオバ記者

「筋肉痛がないからこんな動きも余裕」というオバ記者

久しぶりに本気で膝を伸ばしたり、縮めたりしたから足の筋肉痛は覚悟していたのに、まったくないの。あるのは腹筋の鈍い痛みだけ。朝起きぬけに脚を曲げ伸ばししても、ちっとも、どこも痛くない。思い当たるのは、あのキュッキュッキュッだけ。こんなことってある? 「ふくらはぎは第二の心臓」って言うけれど、やっぱりふくらはぎをマッサージしてもらったおかげで全身の血行がよくなったのかしら。

運動続きでも「それほどハードに感じない」

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事