【動画レッスン】むくみを改善!間々田佳子さんの「顔ヨガ」5選

顔のむくみとりに役立つ「顔ヨガ」を間々田佳子さんが伝授。1日の終わりやお出かけ前に行うことで、スッキリ小顔を実現しよう。

ぽっこりお腹まで改善する「ライオンの顔」

インナーマッスルを通じて内臓とつながる舌を出す「ライオンの顔」は、消化機能の働きを活発化するにも◎。二日酔いや食べすぎ後にもぴったりです。

舌を思いっきり真下に伸ばす「ライオン顔」は、舌を出すほど、脂肪が燃焼し、アゴまわりの輪郭もスッキリ。同時に、目も大きく見開くと、血液やリンパのめぐりがよくなるので、美肌効果も期待できます。

やり方のコツは、姿勢を正して、肩の力を抜き、下腹部を意識して凹ませること。これにより内臓が引き上がるので、お腹のたるみとりにも効き目あり。また、筋肉がつけば代謝も上がるので、太りにくい体にもつながりますよ。

「ライオンの顔」の詳しいやり方は【こちら】

たるみ顔を小顔に変える「こめかみストレッチ」

「こめかみストレッチ」は、舌を思いっきり出して息を吐くことで、あごのたるみにも刺激を伝え、首まわりの脂肪も燃焼。気になる二重あごの改善にも効果大です。

目尻を引き上げると、目の周りが刺激され血流がよくなるので、目元もスッキリ。コツは頭を倒すときに肩が上がらないよう注意し、首筋は気持ちいいと感じるくらいまで伸ばすこと。首のだる重さも解消にも役立ちますよ。

朝のお出かけ前や入浴中に湯船で行うのがオススメ。ただし、寝る前に行うと、頭も目も冴えてしまうので、睡眠前は避けましょう。

「こめかみストレッチ」の詳しいやり方は【こちら】

お風呂でむくみをリセットする「おやすみポーズ」

1日忙しく生活していると、顔のどこかに無駄な力が入るもの。そうすると、疲れがたまったときにリンパが滞り、むくみの原因になってしまいます。

「おやすみポーズ」は血液やリンパの循環がよくなる湯船で行うのがオススメ。深~く、ゆっくりと呼吸をしながら、意識を顔に集中させ、手の重みだけで指圧を。額、眉間、頬、口、あご周りなど、力みやすいと感じている部分の力を完全に抜くことが、効果を出すコツ。胸から上の力を全部抜くイメージで行うと◎。

日々のリセットこそ、むくみをためない顔作りの基本。1日の終わりに湯船に浸かって「おやすみポーズ」を行うことで、たまった毒素を排出しましょう。

「おやすみポーズ」の詳しいやり方は【こちら】

【関連する記事をチェック!】
毎朝5分で、ぽっこりお腹を改善【朝活ヨガ】でほっそり下半身に!
美腹筋メイクに夢中!ヨガ・インストラクター、渋木さやかさんの【美痩せ習慣】
【ヨガ女子スナップ】「emmi」のイベントで今どきヨガコーデをチェック!
【最旬アイテム図鑑】快適に”外ヨガ”を楽しむ必須アイテム
【体験レポ】人気のSUPヨガに挑戦!痩せ体質の基本・体幹を強化

監修:間々田佳子(ままだ・よしこ)

カリスマ顔ヨガ講師。テレビで芸能人の顔をあっという間に若顔に変えて話題に。著書の累計部数が48万部突破。最新ポーズを含む31種類の顔ヨガポーズを収録した、間々田佳子監修の『日めくり まいにち、顔ヨガ!』は6万部超の大ヒット。卓上&壁掛け式だから、トイレ、洗面所などいつでもどこでも実践!

mamatayoshiko

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事