街でも山でもおしゃれにラン!ウェア選びのコツをキャプテンが伝授

最先端のエクササイズやランニングに挑戦したいけれど、ウェアの選び方や着こなしがわからなくて、躊躇してしまうこともあるはず。

Biyase_ShihoIwasaki01

そんな女子は、アディダスのランニングコミュニティ「adidas Runners of Tokyo(アディダス ランナーズ オブ トーキョー)」でキャプテン役を務める岩崎志保さん(24歳)の着こなしを見習って。

岩崎さんは、ジムのインストラクターとしてグループフィットネスやホットヨガのレッスンを教えながら、モデルとしても活動。「もはや私服でも普通にウェアを着ていますね」と話す。

この日も参加者とお揃いのウェアに、アディダスのマークが付いたペンダントがキラリ。そんな彼女に、ランニング中のおしゃれについて教えてもらった。

【ポイント01】ショーツ&タイツの重ねばきはNG


岩崎さんのインスタグラムを見ると、4月に開催された「アディダス・ランナー・トーキョー」のイベントでは、ランニングタイツ+ショーツという組み合わせが多かったよう。そんな中、岩崎さんは「もう温かいし!」と、ショーツ1枚でラン。

「初心者の頃は私もランニングタイツとショーツを組み合わせていました。でも、それって日本特有のスタイルなんだな…と、海外で走って気がついて。しかも実は脚が余計に太く見えちゃう。それからは重ねばきは止めました(笑い)」

写真のショーツは、「アディダス」と「MOUSSY(マウジー)」のコラボもの。インナーショーツ付きなのが便利とか。

【さらに、走るときの髪型や山でのランニングウェアもご紹介】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事