街でも山でもおしゃれにラン!ウェア選びのコツをキャプテンが伝授

最先端のエクササイズやランニングに挑戦したいけれど、ウェアの選び方や着こなしがわからなくて、躊躇してしまうこともあるはず。

Biyase_ShihoIwasaki01

そんな女子は、アディダスのランニングコミュニティ「adidas Runners of Tokyo(アディダス ランナーズ オブ トーキョー)」でキャプテン役を務める岩崎志保さん(24歳)の着こなしを見習って。

岩崎さんは、ジムのインストラクターとしてグループフィットネスやホットヨガのレッスンを教えながら、モデルとしても活動。「もはや私服でも普通にウェアを着ていますね」と話す。

この日も参加者とお揃いのウェアに、アディダスのマークが付いたペンダントがキラリ。そんな彼女に、ランニング中のおしゃれについて教えてもらった。

【ポイント01】ショーツ&タイツの重ねばきはNG


岩崎さんのインスタグラムを見ると、4月に開催された「アディダス・ランナー・トーキョー」のイベントでは、ランニングタイツ+ショーツという組み合わせが多かったよう。そんな中、岩崎さんは「もう温かいし!」と、ショーツ1枚でラン。

「初心者の頃は私もランニングタイツとショーツを組み合わせていました。でも、それって日本特有のスタイルなんだな…と、海外で走って気がついて。しかも実は脚が余計に太く見えちゃう。それからは重ねばきは止めました(笑い)」

写真のショーツは、「アディダス」と「MOUSSY(マウジー)」のコラボもの。インナーショーツ付きなのが便利とか。

【さらに、走るときの髪型や山でのランニングウェアもご紹介】

アディダスのランニングコミュニティ「adidas Runners of Tokyo(アディダス ランナーズ オブ トーキョー)」のキャプテンして活躍する岩崎志保さん。ランニング中のおしゃれのコツは?

【ポイント02】まとめ髪+ヘアバンドやキャップが安心!

2017年2月に期間限定で開催されたアディダスの女性専用ランニングステーション「LOUNGE X(ラウンジエックス)」では、インストラクターも担当。用意されていたウェアは、ハーフ丈のレギンスとTシャツ、発売されたばかりの「UltraBOOST X(ウルトラブーストエックス)」。

Tシャツの裾をくるりと丸めることで、人とは違う自分らしい着こなしに。

髪型は走っても乱れを気にせずにすむよう、三つ編みに細いヘアバンドをプラス。ヘアバンドの水色がウェアのピンクとコントラストになっている点が上級者!

【ポイント03】寒い季節のランは、防寒をしっかり

百名山のひとつとして知られる石老山(せきろうさん)でのトレイルランにも参加。12月の開催の上、温度の変化が激しい山中でのランニングだったので、体の暖かさをキープしてくれる「climaheat(クライマヒート)」を重ね着したり、手袋を身に付けることでしっかりと防寒。

「いちばん上には『アディダス ランナーズ オブ トーキョー』のTシャツを。案外、重ねられるものですね(笑い)」

岩崎志保(いわざき・しほ)

ランニングコミュニティ「adidas Runners of Tokyo(アディダス ランナーズ オブ トーキョー)」のキャプテン。2011年度の「ミス獨協大学」で、171cmの身長を活かしてショーやアパレルブランドの広告モデルを務める。ヨガ、ランニングのインストラクターとしても活躍中!

【関連する記事をチェック!】
【ヨガ女子スナップ】「emmi」のイベントで今どきヨガコーデをチェック!
美腹筋メイクに夢中!ヨガ・インストラクター、渋木さやかさんの【美痩せ習慣】
【最旬ランニングウェア】人気ブランドの「2017SS ベスト・コーデ」6選
街コーデにもぴったり!6大人気ブランドの最旬「ランニングシューズ」12選
【動画レッスン】効果抜群の「美尻エクサ」4選でヒップアップ!

関連記事