やり方や食材を【医師が伝授】原始人の食生活に習う「パレオダイエット」

原始人の食生活を真似た「パレオダイエット」は、アメリカでも繰り返し流行しているダイエット法。

PaleoDiet02

写真/アフロ

ハリウッドのセレブたちやオリンピック選手も実践し、成果をあげているという。そんな「パレオダイエット」の基本は、「人工物を摂らない」こと。味つけにも、天然素材を使う。

「例えば、納豆はタレも醤油も使わず、味つけはしらすとレモンで。刺し身も醤油を使わずにわさびのみで食べましょう。肉は焼くだけで、塩を振らないように」

と、『Dr.奥井式 原始人ダイエット』(ベースボール・マガジン社)の著者で医学博士の奥井識仁さんは説明する。

「物足りなかったら、塩分に代わる天然素材で代用を。うまみ成分の入ったあごだしは、ミネラルもたっぷりでオススメ。天然物だけを揃えることに大変さを感じるのなら、70%達成ぐらいの気楽さでやるといいですよ」(奥井さん、以下「」同))

朝・昼・夕の食事は、1:1:0.5で

PaleoDiet18

写真/アフロ

夜に炭水化物や糖分を摂ると、体脂肪が落ちなくなる。夜の食事は早めにとり、量も減らして、少しお腹が空いている程度に。

「空腹に耐えられなくなったら、日本製のツナ缶をひとつ。油を捨てずに食べれば、便秘も解消します」

野菜→肉の順で食べ、米は副菜に。納豆と玄米を推奨

「パレオダイエット」では、野菜や肉、魚を中心に食べるけれど、肉(アミノ酸)ばかり食べると、体の中の酵素が変わって大腸がんになりやすくなる可能性が。また、動脈硬化性の心臓疾患の発生につながる有機化合物が、腸内に増えてしまう。

PaleoDiet17

写真/アフロ

「肉食が増える分、腸内細菌を増やすために乳酸菌を一緒に摂る必要があります。その点、納豆はパレオダイエットの欠点を補う、日本人に最も合う食材です。炭水化物も運動量に合わせて摂りましょう。食べるなら食物繊維を含み腸の掃除もしてくれる玄米を」

まず野菜、肉(魚)の順で食べ、玄米は適量を副菜として食べるのがコツ。食物繊維から食べると効果的と実証されている「食べ順ダイエット」も、「パレオダイエット」からつながっているといえるのだそう。

→リバウンドなしで痩せる「パレオダイエット」については【こちら】

【「パレオダイエット」の食材◎と×をチェック!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事