海外のヘルシー女子に人気!代謝アップにも役立つ「スウィッチェル」を【実食レポ】

米国やフランスのヘルシー女子が注目しているという“スウィッチェル”を、知っていた?

EatReport_BR1st_Switchel001

“スウィッチェル”とは、アップルサイダービネガー(無濾過のリンゴ酢サイダー)に、しょうが、レモン、天然の甘味料、フルーツやスパイスを加えたドリンク。

原料であるアップルサイダービネガーは、酵母や酵素、ビタミン、ミネラルがたっぷりだから、整腸や体内の抗酸化の作用に役立つとか。また「ビタミンC」と「クエン酸」を含むレモンに美肌や運動後の疲労回復、「ジンゲロール」を含むしょうがには新陳代謝の効果が期待できるという。

日本でも最近、ビネガードリンクが続々と発売されている。そんな中、注目したいのが、オーガニックフードブランドの「ブラウンシュガーファースト」が、2017年6月15日(木)に発売した「有機スウィッチェル」(200ml 486円)と「有機スウィッチェルコーディアル」(340g 1944円)。

「すっきりおいしい日本人好みの味を目指し、イタリア・シチリア産のレモンや、高知県・四万十町産のしょうがなどをチョイス。また、甘みをつけるのには、ココナッツの木の根元から採取したシロップ『ココナッツネクター』を使っています」と、広報担当の松浦さん。

ココナッツネクターは低GIだから、血糖値の急上昇を避けることができて、ダイエットにも◎。さっそく松浦さんにおいしい飲み方を教えてもらった。

【実食】発泡水や紅茶、フルーツなど。割る素材で味が変化!

EatReport_BR1st_Switchel002

松浦さんによると、「希釈タイプは発泡水や紅茶で割るのがオススメ。フルーツを加えて一晩漬けてもおいしいですよ」とか。そこで、「ストレート【1】」「希釈タイプ+発泡水【2】」「希釈タイプ+紅茶【3】」「希釈タイプ+レモン&ライム【4】」を用意してみた。

「ストレート【1】」は、ビネガーの酸味が目立つ。しょうがはちょっとピリッとする程度で、むしろりんごの甘酸っぱさが前に出る味わいだった。「希釈タイプ+発泡水【2】」は、ビネガーの酸味よりも、発泡水のシュワっとした食感が舌に心地よく、暑い夏にぴったりの爽やかさ。発泡水が苦手でも、意外とごくごく飲める感じ!

「希釈タイプ+紅茶【3】」は、今回、アッサムティーをチョイス。茶葉の風味と香りがプラスされるけれど、ミネラルウォーターを加えた場合とさほど味に大きな違いはなかった。

一方、「希釈タイプ+レモン&ライム【4】」は、加えたフルーツの味わいが強く出るよう。苦味が出るレモンとライムの場合、ミネラルウォーターよりも発泡水か紅茶で割るのが相性◎。ブルーベリーやラズベリーなど、甘みのある果物と組み合わせてもおいしいかも。

ストレートタイプも便利なのだけど、希釈タイプは実験気分でいろいろ試すおもしろさがある。作ったドリンクを、海外の女子のようにSNSに投稿したらより楽しくなりそう。腸内環境の整理や新陳代謝に役立つ”スウィッチェル”、夏のダイエットの味方につけて。

撮影/千葉裕子

【データ】
ブラウンシュガーファースト「有機スウィッチェル」「有機スウィッチェルコーディアル」
発売日 :2017/06/15(木
販売価格:「有機スウィッチェル」200ml 486円、「有機スウィッチェルコーディアル」340g 1944円
栄養成分:[有機スウィッチェル(100ml当たり)]エネルギー:36kcal たんぱく質:0.1g 脂質:0.2g 炭水化物:8.5g 食塩相当量:0g 水分:91.1g 灰分:0.1g ナトリウム:4mg [有機スウィッチェルコーディアル(100ml当たり)]エネルギー:115kcal たんぱく質:0.4g 脂質:0.1g 炭水化物:28.1g 食塩相当量:0.03g ナトリウム:10mg
電話  :03-3479-6999
販売店舗:自社オンラインストアほか
http://bs1stonline.com/

【関連する記事をチェック!】
【実食レポ】運動ダイエット中に◎!「Sunfood」の「オーガニック スーパーグリーンズ&プロテイン」
【スパイス】痩せ力アップ!夏を乗り切るドリンクレシピ3種
【旬菜】食物繊維もたっぷり!小松菜×にんじんで美肌に◎な「2色スムージー」
【ニューオープン】銀座エリア最大の複合商業施設「GINZA SIX」の美痩せスポット4選
美肌やデトックスに◎。10品目以上入りのサラダが揃う「ベジスタンド」

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントに関しては、削除させていただきます。ご了承ください。

FEATURE

さらに見る

You might also like...