【ジム雑貨ガイド】エクササイズを楽しく便利にする「ウェアラブルデバイス」

会員費は払っているのに、なかなかジムに通えていない…。

SakamotoShoko_jim02

写真手前から時計回りに、「PACE IQ(ペースアイキュー)」1万3824円、「RUN-IQ(ランアイキュー)」3万7584円/ともに、ニューバランス 「NW-WS615(16GB)」1万8170円 ※編集部調べ/ソニー 「Fitbit Alta HR(フィットビット アルタ エイチアール)」2万1384円/Fitbit 「MISFIT RAY(ミスフィット レイ)」1万3824円/MISFIT 「SSE-BTR1」2万390円 ※編集部調べ/ソニー

そこでスタイリストの坂本祥子さんが、エクササイズが楽しくなる「ウェアラブルデバイス」をピックアップ。消費カロリーを記録したり、便利に音楽を聴いたりすることで、運動のモチベーションをアップして!

ランニングの記録に役立つスマートウォッチ「RUN IQ」

ランニングマシンがメインの人は、2017年2月15日(水)に登場したニューバランスがインテルと共同開発したスマートウォッチ「RUN IQ(ランアイキュー)」(3万7584円)をどうぞ。内臓GPSでランニングコースやペース、距離を記録するほか、心拍数をリアルタイムに測定するこちらは、いわゆる”ランナーによるランナーのためのスマートウォッチ”。

ワイヤレススポーツイヤフォン「PACE IQ(ペースアイキュー)」(1万3824円)を併用すると、Bluetooth(TM)でさらに操作が便利に。いずれもオフィシャルショップ及びオンラインストアでの取り扱い。

心拍計搭載のウェアラブルデバイス「fitbit alta HR」

【日本正規代理店品】Fitbit(フィットビット)心拍計+フィットネスリストバンド Alta HR Large Black FB408SBKL-CJK

気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

「Fitbit Alta HR(フィットビット アルタ エイチアール)」(2万1384円)はリーズナブルな価格ながら、スリムなボディに心拍計を搭載。ウォーキングやランニングをはじめ、スイミングやダンスなどのエアロビックワークアウト、サイクリングなど、7種類のエクササイズを自動的に検出し、記録してくれる。

トラッカー付きの4種類のバンドのほか、スペシャルエディションが2種類揃う。カラーバリエーションが豊富な点もコーディネイトしやすく◎。

最大6か月充電不要の入門者向けデバイス「RAY(レイ)」

MISFIT 活動量計 RAY ローズゴールド / ブラックスポーツバンド 【日本正規代理店品】

気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

ウェアラブル初心者にぴったりなのが、お手軽価格の「MISFIT RAY(ミスフィット レイ)」(1万3824円)。ランニングやヨガ、スイミングなど、9種類のエクササイズをアプリ内でタグ付けすることができる。電池式で最大6か月、充電なしで使用可能なのも便利!

スタイリッシュなデザインとたった8gという軽量さも魅力。1日の消費カロリーの目標を設定して、エクササイズのモチベーション維持に役立てて。

【次のページで、スイミング中にも活躍するアイテムをご紹介】

スタイリストの坂本祥子さんが、エクササイズが楽しくなる「ウェアラブルデバイス」をピックアップ。運動をしながら音楽を楽しみたい人には、次の2つがオススメ。

水中でも使える!ヘッドフォン内蔵型ウォークマン「NW-WS615」

ソニー SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS615 : 16GB スポーツ用 防水対応 Bluetooth/NFC対応 リングタイプリモコン付属 ブルー NW-WS615 L

気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

「ソニー」の「NW-WS615(16GB)」(1万8170円 ※編集部調べ)は、ヘッドフォンにウォークマンを内蔵した容量16GBの一体型音楽デバイス。約37gと軽量で、スポーツ時にも邪魔にならない。

Bluetooth(R)で接続して、スマートフォンの音楽を聞いたり、ヘッドセット感覚でハンズフリーの会話をしたりすることもできる。また、水深2mの防水機能付きだから、スイミング中の使用も可能。付属の水泳用イヤーピースを併用することで、ヘッドフォン部への水の浸入を防いで。

2017年6月10日(土)に登場した後継機「NW-WS625/623」(オープン価格)は海水対応と、外音取り込み機能も追加されているとか。戸外や海での使用が多い人はこちらを。

音声コーチングの機能も!「SSE-BTR1」

Sony Smart B-Trainer SSE-BTR1 Yellow 着用可能な音楽プレーヤー SSEBTR1 [並行輸入品]

気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

「ソニー」のヘッドフォン一体型スポーツデバイス「SSE-BTR1」(2万390円 ※編集部調べ)は、心拍、GPS、気圧などのセンサー搭載。スマートフォンなしで、ランニングのログを計測し、音楽を楽しむことができる手軽さが特徴。

さらに運動強度に合った曲を自動選曲・再生したり、目的に合わせた走りを音声でコーチングしたりという機能も。しっかり美痩せを狙いたい人は活用を。

便利なウェアラブルデバイスを取り入れることで、単調になりがちなジムでのトレーニングを楽しい時間に変えて。

撮影/瀬尾直道

【データ】
ソニー
0120-777-886(買い物相談窓口)
http://www.sony.jp/

Fitbit(フィットビット)
0800-22-0332(カスタマーセンター)
https://www.fitbit.com/jp/home

ニューバランス ジャパン
0120-85-0997(お客様相談室)
http://shop.newbalance.jp/shop/

MISFIT(ミスフィット)
03-6427-5876(MISFIT サポートデスク)
http://jp.misfit.com/

※「NW-WS615(16GB)」と「SSE-BTR1」は生産完了で、各店頭の在庫売り切れ次第販売終了

【関連する記事をチェック!】
タオルやボトルetc. ジム通いが楽しくなる便利雑貨
【最旬アイテム図鑑】ジムにぴったりの「2017年最新水着図鑑」
体型カバーもばっちり!人気ブランドの最旬フィットネスウェア6選
「GU」や「ユニクロ」etc。ざくざく洗える【プチプラウェア】の最旬コーデ
【体験レポ】話題のVRマシンも完備!「THE BODY RIDE」で時短シェイプアップ

スタイリング:坂本祥子(さかもと・しょうこ)

スタイリスト。1977年生まれ。ファッション、ライフスタイルを中心に、スタイリングから 編集・原稿執筆までをこなす。『大人になったら、着たい服』(主婦と生活社)、『オズマガジン』『オズプラス』(スターツ出版)ほかで活躍。ナチュラル& ベーシックなファッションに、トレンドをひとさじと、ほんのちょっとの遊び心を加えたスタイルが得意

関連記事