ダイエット中でも罪悪感フリー。話題のスイーツ【ブリスボール】のレシピ5選

栄養価が高いドライフルーツやナッツが入った「ブリスボール」は、今、注目のヘルシースイーツ。

ブリスボール グルテンフリー 砂糖なし 添加物なしのヘルシーフードをはじめよう

気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

そこで、ブリスボールの専門店「FOOD JEWERY(フードジュエリー)」が、自宅で簡単に手作りできるレシピをまとめた『ブリスボール グルテンフリー 砂糖なし 添加物なしのヘルシーフードをはじめよう』(KADOKAWA)

また、「FOOD JEWELRY」代表の坪井玲奈さんにブリスボールについて教えてもらった。

ブリスボールが”ギルティ・フリー”な理由は?

TaikenReport_BlissBall04_006

ブリスボールは、栄養価が高いドライフルーツやナッツを主原料とする球形のスイーツ。これらは食物繊維やミネラルをはじめ、栄養素が豊富で、噛み応えがあるので腹持ちも◎。

「素材が十分に甘いので、ほとんどのレシピで糖分を加えていません。甘みを加える場合も、白砂糖を使わず、血糖値の急激な上昇がおこらないようにしています」と、坪井さん。

BlisBall_bb_014

材料をまとめるのに小麦粉ではなく、ココナッツの果肉を粉末にした「ココナッツファイン」などを使う点もヘルシー。

「手作りをするのなら、体調に合わせて必要な栄養素を補ってくれる材料を選ぶこともできますよ」(坪井さん)

「朝は時間がなくて食事抜きになることが多い」「食間に思わずスナック菓子を食べてしまう」という人は多めに作って、冷凍保存しておくのがオススメ。

【次のページで、レシピ5つをまとめてご紹介!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事