【月齢ダイエット】6月17日「魚座の下弦の月」は水のエクササイズにチャレンジ

人気占い師、キャメレオン竹田さんが「月のリズム」に合わせたダイエットを提案。

tristan3d110400145.jpg - the moon with all phases during a month

写真/アフロ

6月17日は「魚座の下弦の月」。この時期は情緒不安定になり、誘惑に弱い…。せっかく頑張っていたダイエットなのに挫折しそうなんてことにならないように気を引き締めて!

* * *

月は約29日の間に、新月→上弦の月、満月→下弦の月と、満ち欠けを繰り返しています。女性の体と月は波動共鳴しているといわれ、月を意識して眺めるだけでも、美容効果があるそうですよ。

特に効果を発揮するのがダイエット。月が満ちていくきは私たちの体も吸収しやすくなり、欠けていくときは排出しやすくなるので、この月のリズムをダイエットに生かすと効果は倍増!

特に「下弦の月」は新月(ほとんど月が見えない状態)に向かっていく中間地点で「解毒」や「放出」を積極的に行います。つまり、痩せやすいタイミングなので、ダイエットをサボっていた人は巻き返しのチャンスです。

寂しい気持ちから過食気味に?

下弦の月_20161221キャメ

6月17日は「魚座の下弦の月」。「魚座」というのは、私たちが知っている星占いの星座とは関係なく、月が「水瓶座」の位置にある、ということです。そしてこのとき、無意識に月が位置する星座の性格になりやすい、といわれています。

梅雨に突入し、ただでさえテンションが下がり気味なのに、「魚座」の時期は、情緒不安定になるので、引きこもりがちに。

腹デブ_20170617キャメ

たくさんの人と会うと疲れてしまう時期なので引きこもってもいいのですが、それが続くと寂しい気持ちになり、解消するために過食になる危険が!

さらにいえば「魚座」の時期は、誘惑にとっても弱いという特徴も。誘惑に負けて「もうダイエットなんてやーめた!」と挫折しやすい時期でもあるんです。

それを防ぐには、今は「情緒不安定になりやすい」「誘惑に弱い」ということを自覚し、セルフコントロールをすることが大事。本能のままに行動すると、おデブの道へと流されてしまいますよ!

【この時期やるべき運動は次ページで!】

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントに関しては、削除させていただきます。ご了承ください。

FEATURE

さらに見る

You might also like...