毎晩5分で、お腹痩せ&脚痩せ【夜活ヨガ】で下半身のむくみを改善!

体側と股関節を伸ばす「扇のポーズ」は簡単にできて、心地いいのもポイント。お休み前に取り入れることで、1日の疲れをとリましょう。

下半身のむくみ改善に役立つ「扇のポーズ」

YoruYoga04a_50D0214

お尻の座骨は床にぺったり。骨盤は垂直に立っている状態に

【1】脚を組んで座る

YoruYoga04b_50D0217

左脚はかかとを蹴り出すように。つま先は上向きに

【2】左脚を伸ばして、外側に開く。右脚はかかとを恥骨に合わせるよう、膝を曲げる

YoruYoga04c_50D0220

左手は届けば左足のつま先をつかむ。難しい場合はそちらの方へ伸ばすだけでも

【3】左の胸を天井に引き上げるようにしながら、上体を傾ける。このときに、右のお尻が床から離れないように意識する

YoruYoga04d_50D0227

目線は指先

【4】吸う息で右腕を天井へと伸ばしていく

YoruYoga04e_50D0232

右の体側を伸ばしながら、左肩が脚の内側に来るように上体をねじる。このときもお尻の座骨を意識して

【5】息を吐きながら、左の体側を左の脚に近づけ、二の腕の内側を耳に近づけるように右腕を伸ばす。左胸が床向きにならないように注意
【6】下腹部を背骨の方向に引き上げるようにして、胸を開き、しっかりストレッチ。そのまま5回ほど、ゆっくりと呼吸を繰り返す
【7】【1】の姿勢に戻り、反対側も同様に【2】〜【6】を行う

POINT!お尻は床につけたままキープ

【3】〜【6】で上体を傾けるときに、お尻が浮いてしまうと、効果的なストレッチにならない。バランスの調整も得られなくなるので、どうしても浮いてしまう場合は、お尻の下にバスタオルやブランケットなどを敷いて、高さの調整を。

動画を見ながら「扇のポーズ」にトライ!

「扇のポーズ」は、わき腹を伸ばすので、肋骨まわりの筋肉が緩み、肺が膨らむための余地が生まれます。その結果、酸素をたっぷりと取り込みやすくなるので、リラックス効果も抜群。眠る前にトライしましょう。

文/Kano Numata 写真・動画/瀬尾直道

衣装協力/ヨギー・サンクチュアリ 取材協力/スタジオ・ヨギー

【チアキさんのヨガレッスンは、ほかにも!】
【夜活ヨガ】ほっそり美脚に!下半身デブ改善に役立つ「牛の顔のポーズ」
【夜活ヨガ】肩・首のコリも改善!痩せ体質に導く「お魚のポーズ」
【朝活ヨガ】体幹を強化!ぽっこりお腹改善に役立つ「ハイランジ」
【朝活ヨガ】下半身を引き締め!骨盤の歪みを正す「三日月のポーズ」

チアキ

Chiaki_YoruYoga_50D0201

1986年生まれ。ヨガインストラクター、コンテンポラリーダンサー。日常生活をより豊かにするために丹田への意識を深め、ジャンルを越えた”心と体の解放”をヨガやダンスをシェアしている。「ヨギー・サンクチュアリ」のモデルとしても活躍。

ヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」の新宿EASTやTOKYO、渋谷スタジオ、などでレッスンを担当し、脳生理学者・有田秀穂博士が代表する「セロトニンDojo(ドージョー)」にてメンタルケアヨガを、「Rire(ライア)ヨガ」などでシヴァナンダヨガを教えている。夢は愛と笑顔でいっぱいにすること。その活動情報は、インスタグラム「@chiaki_yogadance」で

【関連する記事をチェック!】
【顔ヨガ1分動画】ブルドックライン撃退&ダイエットの救世主「おいしい顔」
芝生やビーチでシェイプアップ。”外ヨガ”にぴったりの「ヨガウェア」8選
着心地重視でセレクト!人気ブランドの大人女子向け「ヨガウェア」6選
【体験レポ】人気のSUPヨガに挑戦!痩せ体質の基本・体幹を強化
食べ過ぎたときの対処策は?スリム美人・里見茜さんの【美痩せ習慣】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事