毎朝5分で、ぽっこりお腹を改善【朝活ヨガ】でほっそり下半身に!

ヨガインストラクターとして活躍中のチアキさんが、体を活動モードに切り替える「朝活ヨガ」を伝授。

AsaYoga01d_50D0019

「リラックスクロップドブラトップ」7560円、「デニムワークアウトレギンス」1万260円/ともに、ヨギー・サンクチュアリ

今回は、基礎代謝を上げて、体の”痩せスイッチ”をONにする「ハイランジ」。下半身デブ改善にも役立つから、毎朝5分、ぜひ試して。

* * *

ぽっこりお腹改善にも◎。大きな筋肉を動かして代謝をUP!

太ももの裏側にある筋肉「ハムストリングス」は、3つの筋肉の集合体。体の中でも大きな面積をもち、パワーがあります。そのため、ここをしっかり使うと、筋肉量が上がって、血流が促進され、体をみるみる脂肪燃焼モードに。

しかもこのポーズは、お尻の筋肉にも刺激を与え、バランスを保つために体幹を使います。垂れ尻やぽっこりお腹が気になる人にもオススメです。

【チアキさんのヨガレッスンは、ほかにも!】
【夜活ヨガ】ほっそり美脚に!下半身デブ改善に役立つ「牛の顔のポーズ」
【夜活ヨガ】肩・首のコリも改善!痩せ体質に導く「お魚のポーズ」
【朝活ヨガ】下半身を引き締め!骨盤の歪みを正す「三日月のポーズ」

ポーズの前に。まずはヨガの正しい姿勢を学びましょう

AsaYoga_Shisei_139_141

ヨガの基本姿勢は、背筋を伸ばし、肩と胸を開いた状態(写真右)。でも、俯いてスマホを使うことで猫背になってしまっていたり、肩に余計な力が入っているせいで、本来あるべき場所よりも内側にある、”内肩”になってしまったりしている人も少なくありません(写真左)。

そうした状態では上手にポーズがとれないだけではなく、体に歪みが生じてしまったり、余計な贅肉を招いてしまったり。一方、ヨガの基本姿勢をとっていると、肩の力が抜けてリラックス。胸が開いて、呼吸も楽に。肩こりの改善や美痩せにも◎ですよ。

AsaYoga_Shisei_50D0133

コツは、鎖骨を開き、肩甲骨を寄せること。そう言われてもよくわからない人は、寝転んで、肩に思い切りすくめてから、後ろ側に回し下ろしてみましょう。肩甲骨を床につける感じです。

AsaYoga_Shisei_50D0135

そうすると、自然と肩から力が抜け、”鎖骨を開く”という状態に。下腹部をへこませながら行うと支点が安定して、より肩と胸が開きやすくなります。

朝のうちにヨガをすると心身ともにリフレッシュ、心地よく1日を過ごすことにもつながります。さっそく「ハイランジ」のポーズに、チャレンジしてみましょう。

【次のページで、「ハイランジ」のやり方を説明!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...