毎朝5分で、腸腰筋を強化!【朝活ヨガ】でお腹痩せを実現

「三日月のポーズ」は胸を開くので、呼吸がしやすくなるという効果も。心身ともに活動的に1日を過ごすため、朝に行うのがオススメです。

背骨と骨盤の位置を整える「三日月のポーズ」にトライ!

AsaYoga02a_50D0061

両膝は付けた状態、両腕は肩の真下に

【1】四つん這いになる

AsaYoga02b_50D0063

かかとの上に膝があり、骨盤が正面に向いているように、整える

【2】息を吸いながら、右脚を両手の間に置く
【3】両手の間につま先が位置するように、右膝を立てる

AsaYga02c_50D0066

左脚(後ろに引いている脚)の膝を床につけ、足指を立てる

【4】左脚を真後ろに一歩、大きくずらす

AsaYoga02d_50D0069

恥骨からまっすぐ伸びた先に右脚(前脚)の親指を置くようにして、体を安定させる。骨盤は正面向き

【5】両手を腰に添えながら、吸う息で上半身を引き上げる

AsaYoga01g_50D0081

骨盤の向きを整えながら、下腹部を奥に引き上げるようにして、バランスをとる。肋骨あたりから腕を引き上げ、背骨を長く保つ

【6】息を吸いながら、両腕を頭上へ。骨盤が正面に向くように注意
【7】お尻を小さく中心にまとめながら、前脚のほうへ骨盤ごとお尻をスライドさせる
【8】かかとの上に膝がのるように、前足を踏み込む。背骨を伸ばしつつ、胸を広げて後屈を味わう。そのままの姿勢で深く3回、呼吸をする
【9】反対側でも同様に【2】〜【8】を行う

 さらに負荷をUP。上体を反らせて背面の体幹強化

AsaYoga02f_50D0077

【8】の姿勢で、肩甲骨の付け根からさらに両腕を引き上げる。腹筋を意識しながら、後ろ脚の内ももを真後ろに長く引くと、さらに「腸腰筋(ちょうようきん)」が目覚めるので、お腹の引き締めに◎

POINT!肩は力まずリラックス

AsaYoga01_Ng_040_038

腕を上げるとき、首の長さを保ちつつ、鎖骨を開くように意識を(写真左)。肩も一緒に持ち上げると、肩こりにつながってしまうのでNG(写真右)。

動画を見ながら「三日月のポーズ」にトライ!

膝立ちで体を支える「三日月のポーズ」は、太ももの筋肉「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」や「ハムストリングス」、お尻の筋肉「大臀筋(だいでんきん)」をしっかり使います。下半身を引き締めたい人は、ぜひ習慣にしましょう。

また、股関節を骨盤から前後に開くので、歩きやすくなったりという効果も。

【チアキさんのヨガレッスンは、ほかにも!】
【夜活ヨガ】ほっそり美脚に!下半身デブ改善に役立つ「牛の顔のポーズ」
【夜活ヨガ】肩・首のコリも改善!痩せ体質に導く「お魚のポーズ」
【朝活ヨガ】体幹を強化!ぽっこりお腹改善に役立つ「ハイランジ」

文/Kano Numata 写真・動画/瀬尾直道
衣装協力/ヨギー・サンクチュアリ 取材協力/スタジオ・ヨギー

チアキ

Chiaki_AsaYoga_50D0172

1986年生まれ。ヨガインストラクター、コンテンポラリーダンサー。日常生活をより豊かにするために丹田への意識を深め、ジャンルを越えた”心と体の解放”をヨガやダンスをシェアしている。「ヨギー・サンクチュアリ」のモデルとしても活躍。

ヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」の新宿EASTやTOKYO、渋谷スタジオ、などでレッスンを担当し、脳生理学者・有田秀穂博士が代表する「セロトニンDojo(ドージョー)」にてメンタルケアヨガを、「Rire(ライア)ヨガ」などでシヴァナンダヨガを教えている。夢は愛と笑顔でいっぱいにすること。その活動情報は、インスタグラム「@chiaki_yogadance」で

【関連する記事をチェック!】
【顔ヨガ1分動画】ブルドックライン撃退&ダイエットの救世主「おいしい顔」
芝生やビーチでシェイプアップ。”外ヨガ”にぴったりの「ヨガウェア」8選
着心地重視でセレクト!人気ブランドの大人女子向け「ヨガウェア」6選
【体験レポ】人気のSUPヨガに挑戦!痩せ体質の基本・体幹を強化
食べ過ぎたときの対処策は?スリム美人・里見茜さんの【美痩せ習慣】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事