【月齢ダイエット】6月9日「射手座の満月」はお尻と太もも痩せが課題

人気占い師、キャメレオン竹田さんが「月のリズム」に合わせたダイエットを提案。

tristan3d110400145.jpg - the moon with all phases during a month

写真/アフロ

6月9日は「射手座の満月」。この時期は、太ももとお尻を引き締めるエクササイズをすると効果的です。

* * *

月は約29日の間に、新月→上弦の月、満月→下弦の月と変化しますが、この月の満ち欠けは女性の体と密接な関係があります。月が満ちていくきは私たちの体も吸収しやすくなり、欠けていく時は排出しやすくなるそう。なのでダイエット中は月の状態をチェックしておくといいですよ。

満月は食べたものをいちばん吸収しやすいタイミング。食べ過ぎには注意しましょう。

開放感からの暴飲暴食に注意して

満月_20161214キャメ

6月9日は「射手座の満月」。そろそろ夏のファッションになるので、肌の露出も増えますね。ダイエットを成功させて、軽やかな夏スタイルを堂々と楽しみましょう!

ちなみに「射手座」というのは、私たちが知っている星占いの星座とは関係なく、“月が「蠍座」の位置にある”という意味。そして“無意識に月が位置する星座の性格になりやすい”と言われています。

GetsureiDiet_20170608_01

「射手座」の時期は、じっとしていられない、開放的になる、陽気になる…つまりテンションがアップしていて、暴走気味。

しかも満月の衝動的になるエネルギーも加わるので、暴飲暴食になりがち。この欲求を抑えるのがなかなかハードなので、今は試練の時かもしれません。でもこれを乗り越えた成功体験は自信がつくのでぐっとこらえてください!

お尻と太もものエクササイズを強化

GetsureiDiet_20170608_02

写真/アフロ

「射手座」はお尻と太ももとリンクしているので、この時期は特に下半身を鍛えるといいでしょう。

体全体の中でも下半身には大きな筋肉が集中しています。つまり下半身を鍛えることで、筋肉量が増えますし、普段の生活で使われるエネルギーが増えるので効率よく脂肪が燃焼されます。

さらに心臓から送り出された血液が全身をめぐる時、足から心臓に向かって押し上げてくれるのは下半身の筋肉運動によるもの。だから、下半身の筋肉量が増えれば、足の疲労やむくみを解消することにもつながるんですよ。

スタジオ_キャメ20170609

下半身を鍛えるには、スクワットが効果的。自宅で簡単にできるので、毎日の習慣にしたいところだけれど、「射手座」の時期はじっとしていられない、パーッとみんなで楽しみたい、という気持ちが強いので、地道に頑張るのは続かないかも…。

それよりも、友達と一緒にエアロバイクやエアロビクスをするといった、ハイテンションになれるもののほうが続きそうですよ。

【この時期に摂るべき食材を次ページで紹介!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...