【夏野菜の痩せレシピ】代謝アップに◎。2色のピーマン入りの「サーモンの黒酢炒め」

栄養たっぷりな旬の野菜は、ダイエットの強い味方。そこで、「ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)」に、今が旬の「ピーマン」のレシピを教えてもらった。この時期ならではのおいしさを堪能して。

ABC_HealthLabo_piman005

ピーマンの香り成分「ピラジン」は血行促進に役立ち、代謝アップに効果が期待できる。また「ビタミンA」や「ビタミンC」が豊富なので、夏バテや紫外線の対策に◎。

「アミノ酸」がたっぷりの黒酢を使った炒めもの。酸味と甘味の絶妙なバランスが食欲をそそる。運動後に食べるのがオススメ。

カロリー…255kcal(1人分) 調理時間…15分

材料(4人分)

生鮭(切り身)…4切れ 塩・コショウ…各少々 薄力粉…小さじ4 サラダ油(揚げ用)…適量 玉ねぎ(くし切り)…160g ピーマン(乱切り)…2個 赤ピーマン(乱切り)…2個 サラダ油…小さじ1
【A】黒酢…160cc 砂糖…小さじ8 醤油…大さじ1 酒…大さじ1 トマトケチャップ…小さじ2 オイスターソース…小さじ2 水…80cc
【B】片栗粉…大さじ1 水…大さじ2 ごま油…小さじ1

下準備

・鮭はペーパーで水分を除き、ひと口大に切り、塩・コショウで下味をつけて10分ほどおく。加熱直前に薄力粉をまぶしておく
・【A】を合わせておく(黒酢あんの調味液)
・【B】を合わせておく(水溶き片栗粉)

作り方

【1】鮭を180度の油に入れてカラリと揚げ、取り出して油を切る
【2】鍋にサラダ油を熱し、玉ねぎを強火で炒め、ピーマンを加えてさらに炒める
【3】黒酢あんの調味液を加え、ひと煮立ちさせる
【4】水溶き片栗粉を加え混ぜ、再沸騰させ、とろみをつける
【5】鮭のから揚げを加え混ぜる。火を止め、ごま油を回し入れて混ぜ、器に盛り付ける

ダイエットに役立つ【痩せレシピ】は、ほかにも!

ABC_HealthLabo_piman03

美肌にうれしい「鶏ささみのチンジャオロース」→レシピは【こちら】

ABC_HealthLabo_kyuuri04

低カロリー・高たんぱく質の「ささみのわさびマヨ和え」→レシピは【こちら】

ABC_tomato_asari

貧血予防に役立つ「あさりたっぷりトマトスープ」→レシピは【こちら】

ABC_nasu_ponzu

副菜に活躍しそうな「蒸しなすのポン酢和え」→レシピは【こちら】

abcHealthLabo_soramame_006

野菜が彩り豊かな「エビとそら豆の塩炒め」→レシピは【こちら】

【アンケート】あなたの食事ダイエットについて、教えて!

→食事ダイエットに関するアンケートに、【回答する】

監修:ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)

東京を中心に全国約28万人が通うお料理教室「ABC クッキングスタジオ」の中で、ヘルスケアビジネスを推進するチーム。医療、美容、スポーツの観点から食を研究し、レシピ提案やセミナー、料理レッスンを行っている。公式サイトは、https://www.abc-cooking.co.jp/labo/

→ABC HEALTH LABO監修の【旬菜レシピ】をもっと見る

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...