【月齢ダイエット】6月1日「乙女座の上弦の月」は便秘解消の腸活を!

6月1日は「乙女座の上弦の月」。「腸」のケアを課題にして。便秘が解消されれば、代謝が上がって脂肪がきちんと燃焼されるのでスッキリ軽くなりますよ。

tristan3d110400145.jpg - the moon with all phases during a month

写真/アフロ

* * *

月のエネルギーは、私たちの行動や感情に影響を与えているといわれています。約1か月間の周期で、新月→上弦の月、満月→下弦の月と、満ち欠けを繰り返していますが、この月の満ち欠けは女性の体とリンクしているのだそう。

どういうことかといえば、月が満ちていくきは私たちの体も吸収しやすくなり、欠けていくときは排出しやすいということ。なのでダイエットするなら、月の満ち欠けは絶対意識した方がいいんですよ!

今は「上弦の月」で満月に向かって膨らんでいるとき。つまり吸収しやすい=太りやすいタイミングなので、食べ過ぎないように注意しましょう!

ストレスからの便秘に要注意!

上弦の月_20161207キャメ

6月1日は「乙女座の上弦の月」。

梅雨が始まる季節の変わり目は、湿度が高まって不快になることでストレスが溜まり、心が不安定になりがち。しかも、「乙女座」の時期は、無意識に自己犠牲の精神に陥りやすく、知らない間にストレスを溜めていることが多いのです。

ちなみに、「乙女座」というのは、私たちが知っている星占いの星座とは関係なく、“月が「乙女座」の位置にある”という意味です。

GetsureiDiet_20170531_01

写真/アフロ

「乙女座」とリンクしているのが「腸」。しかもストレスを溜めやすいこの時期は、便秘に要注意です! たかが便秘と軽視していると、太りやすくなるだけでなく肌荒れ、不眠、アレルギー症状、冷え性…など様々なトラブルを引き起こしてしまうんです。

「腸」は“第二の脳”といわれるくらい、大切な臓器。メンタルも左右するらしく、「腸」が整うと、幸せホルモンであるセロトニンが出やすくなるとか。だから「腸ケア」でストレスも解消できるんです。

【「乙女座の上弦の月」に食べるべきものを、次ページで解説!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...