【山本浩未さんのメイクのメ】ツヤやかアイシャドーで眉を描いて毛流れを生かす!

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は、オトナ女子のための眉メイクを解説。

* * *

メイクのメ_山本浩未_正方形

眉メイクがマイブームです

最近、気づいたんだけど、私の眉毛が下がってきてます。村山富市元総理大臣じゃないけど、おじいさんになると眉毛が伸びて垂れ下がって見えるのだとばかり思ってたんです。でも、実は毛が伸びるだけじゃなく、皮膚がたるんで下がってくるんですね。

昔、太眉が流行った頃は、「眉毛を上向きにブラッシングすれば上がるので、カットしすぎずに毛流れを生かしましょう」って、推奨していました。でも大人の眉は、上げても下がってくる(笑い)。そうか、眉にも大人のサインが表れるんだ、と実感しました。

とはいえ、毛は大人を若々しく見せてくれます。目指したいのは、夏目三久さんのナチュラルな、ほどよい太さの眉。私も、どうしても長すぎる毛はカットしますが、眉用のマスカラでできるだけ毛流れをキープするようにしています。マスカラを使って毛を立ち上げることで、顔立ちに勢いが出るし、ツヤと立体感がプラスされるので、フレッシュさがアップします。

メイクのメ20_夏目三久

夏目三久(なつめみく)/07年日本テレビに入社。『おもいッきりDON!』などの番組を担当。11年に退社し、フリーアナウンサーに。現在『あさチャン!』(TBS系)などにレギュラー出演中。

まぶたにも眉にも使ってツヤやかな今どき目元に

さらに最近は、流行のクリームやリキッドタイプのアイシャドーをまぶただけでなく、眉にも使ってます。ウェットな質感でほどよくツヤやかになるし、眉アイテムにはない、絶妙な色合いも魅力です。同じものを使うことで目元がまとまるうえ、なにより時短になります。

使い方は簡単。アイシャドーをブラシに取ってアイメイクをしたら、そのままブラシに残ったアイシャドーで眉を描くだけ! 足りないようならほんの少しだけ毛先に色を取って、描き足してみて。

【次ページで浩未さんオススメの眉コスメを紹介!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事