【月齢ダイエット】5月11日「蠍座の満月」は子宮を温めて!

人気占い師、キャメレオン竹田さんが「月のリズム」に合わせたダイエットを提案。

tristan3d110400145.jpg - the moon with all phases during a month

写真/アフロ

5月11日「蠍座の満月」の時期は、子宮を温めましょう。冷えが解消されて血流&代謝が高まり、ダイエット効果がアップ。イライラの軽減にも効果的です。

* * *

月は約29日の間に、新月→上弦の月、満月→下弦の月と変化し、この月の満ち欠けは女性の体と密接な関係があります。月が満ちていくきは私たちの体も吸収しやすくなり、欠けていくときは排出しやすくなるそう。

つまり満月は食べたものを吸収しやすいピーク! しかも衝動的に行動してしまうときでもあるので、食べ過ぎには注意ですよ。

格闘技系でイライラも解消!

満月_20161214キャメ

5月11日は「蠍座の満月」。「蠍座」というのは、私たちが知っている星占いの星座とは関係なく、“月が「蠍座」の位置にある”という意味。

「蠍座」の時期は、怒りによるストレスを溜め込みやすくなります。心がピリつき、周りの些細な発言が気になったり、イライラしやすい状態に。

さらに「満月」のパワーも重なり、自暴自棄になりやすいので「体重が減らない」「リバウンドしてしまった」などダイエットがうまくいかないと溜まったストレスが爆発して、ワーッとドカ食いをしてしまうかもしれません。

そうなる前に、溜まったストレスのエネルギーを思いっきり発散しておきましょう! もっとも手軽なのは大きな声を出すこと。カラオケで思いっきり熱唱する、山に登って「ヤッホー!」と思いっきり叫ぶ、なんていうのもいいですね。

ボクササイズ_20170511キャメ

写真/アフロ

あとは、エネルギーを発散させるような格闘技系のスポーツもいいですよ。

最近は女性の間でもキックボクシングが流行っていますよね。キックボクシングは短時間で大量の汗をかくので、ダイエット効果は抜群だし、思いっきり蹴る、パンチするなんていうことは日常生活ではありえない動きなので、やってみるとかなりスッキリするはずですよ。

【次ページでこの時期に心がけたい生活習慣を解説!】

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントに関しては、削除させていただきます。ご了承ください。

FEATURE

さらに見る

You might also like...