【顔ヨガ1分動画】「こめかみストレッチ」でたるみ顔を即効リセット

“1回たったの10秒! 見た目年齢マイナス10歳!”、表情筋を動かすだけで、顔のたるみ、ほうれい線、しわを解消し、整形並みの小顔&若顔がゲットできる「顔ヨガ」。kaoyoga_komekamistrech

テレビをはじめ多くのメディアで話題沸騰中だ。多くの有名人の顔をあっという間に若返らせてきたカリスマ顔ヨガ講師の間々田佳子さんが、気になるお悩みを解決してくれるシリーズ。第14回目のお悩みは、「たるみ顔撲滅」。

Q:たるみ顔を小顔にするには?

週末や連休中の休みは、仕事を忘れて家でごろごろ。メリハリのない“食っちゃ寝生活”を続けていたら、顔までたるんできたような…。短期間でシュッとした小顔に戻せる方法ありますか。そんな虫のいい話なんてないですよね(汗)。(28才・主婦)

A:思いっきりほうれい線と舌を伸ばす

「短期間ではなく、短時間で解消できるポーズ、ありますよ! 顔ヨガの中でもダントツで即効性が高く、講演でも一番人気の『こめかみストレッチ』。私は、顔に疲れが出ていると感じたら、3、4回行うことにしています。5才は若返りますよ。

使用前と使用後の違いを比べるために、まず、片側だけ行ってみましょう。そもそも、顔の筋肉は小さいので、引き上げた表情筋はそのまま形状記憶されます。顔全体が引き上がれば、フェイスラインはシャープになり、たるんだ目尻もキュッと引き上がるので、小顔にするためにも有効です」(間々田さん)

お出かけ前や写真を撮る前にも有効

ほうれい線が消えるまで、顔全体をしっかり引き上げて、舌を伸ばして息を吐き出す。舌の根元につながるあご周りのたるみまで鍛えるには、根元から思いっきり伸ばすのがポイント。頭を倒すときに肩が上がらないよう注意し、首筋は気持ちいいと感じるくらいまで伸ばす。

「舌を思いっきり出して息を吐くと、あごのたるみにも刺激が伝わり、首周りの脂肪が燃焼します。気になる二重あごの改善にも効果大。ダイエットしなくても、顔だけスリムを目指すなら『こめかみストレッチ』で充分!

さらに、見た目の変化だけでなく、目尻を引き上げると、目の周りが刺激され血流がよくなるので、目はスッキリ、視界がクリアに。首筋を伸ばすので首のだる重さも解消して、首にあるリンパを流してくれます。

朝起きたら、鏡に向かって『こめかみストレッチ』。習慣化すれば、スッキリ顔で一日をはじめられます。

また、お出かけ前や、写真を撮る前にもオススメ。特に、写真撮影の前なら、左右で顔全体が下がっている方を多めに行って。左右対称の美しい笑顔が残せます」(間々田さん)

入浴中に湯船で行うのも◎。体が温まっていると、舌や首などの可動域も広がりやすく、筋肉への刺激も入りやすい。ただし、寝る前に行うと、頭も目も冴えてしまうので、睡眠前は避けましょう。

顔ヨガのポーズ「こめかみストレッチ」のやり方

1:右手で左のこめかみの下をグイッと引き上げる。目尻がつり上がり、ほうれい線が消えたらOK。右側に頭を倒す。
2:「ハァーーーッ」と強く息を吐きながら、舌を根元から思い切り右下に伸ばす。反対も同様に行う。

【関連する記事をチェック】
【心理テスト】もしも本気で痩せたら…2017年、どんな”いいこと”が起きる?
女優エヴァ・メンデスに学ぶ!夏仕様のスリムボディを作る方法
【筋膜リリース】全身の引き締めに効く「スウィングスクワット」
【実践編】ごはんを我慢しないでOK!最短2週間で効果が期待できる「もち麦ダイエット」

顔ヨガ講師・間々田佳子

mamada_yoshiko

テレビで芸能人の顔をあっという間に若顔に変えて話題に。著書の累計部数が48万部突破。最新ポーズを含む31種類の顔ヨガポーズを収録した、間々田佳子監修の『日めくり まいにち、顔ヨガ!』は6万部超の大ヒット。卓上&壁掛け式だから、トイレ、洗面所などいつでもどこでも実践!

【このシリーズのバックナンバー】
目元のしわを刻まれる前に消す「目尻のVスマイル」
●「疲れ顔」をたちまち解消する「あんグリグリ」
●「キングスマイル」で若々しく豊かな表情を手に入れる
頬のたるみとほうれい線を一挙改善する「おだんごロック」

あごラインを引き上げ、二重あごを解消!
「あっかんべー」で顔だけダイエット
顔のむくみをとって、新年を“若顔”でスタート
お出かけ前に顔のむくみをスッキリとる

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントに関しては、削除させていただきます。ご了承ください。

FEATURE

さらに見る

You might also like...