【体験レポ】随一の消費カロリー!「ボルダリング」で全身引き締め

2020年東京オリンピックの追加種目に決まり、俄然(がぜん)注目が高まっている「ボルダリング」。

FishAndBird04

カラフルな突起に手足を掛けて、4、5mの壁をよじ登っていく「ボルダリング」は、もともとクライマーのトレーニングだった。その消費カロリーたるや、水泳やランニングを軽くしのぎ、スポーツ中でトップレベルとか。さらに脳トレ的なおもしろさがウケて、一躍ブームに!

都内に幾多とあるボルダリングジムだけれど、中でも東陽町のクライミングジム「Fish and Bird(フィッシュ アンド バード)」は、有数の高さとスケール感がある壁があって人気。同店が東京・二子玉川の駅前に2017年4月28日(金)に誕生した新商業施設「キュープラザ二子玉川」内に、2号店を出店したとか。

そこで、そのお披露目会に30代のビューティ・ライター、Nが参加して、人生初のボルダリングにトライ。最初のうちは相当な筋肉痛になるともっぱらの噂だけど、運動不精というNの感想は…?

* * *

「楽しいし、なにより痩せる!」とどっぷりハマっている知人もいて、実は前々から興味があったボルダリング。普段は躊躇(ちゅうちょ)する体験レポだけど、今回ばかりはかなり前向きな気持ちで現地入りした。

FishAndBird26

写真左から、ルートセッターの永田さん、ゲストクライマーの尾上彩さん、川端彰子さん、楢崎明智さん、杉本怜さん。マスメディア向けに模範演技を披露

会場に着いてまず驚いたのが、スタッフやゲストクライマーのスタイルのよさ。一様にスラリと引き締まっていている上、男性は見事な“細マッチョ”! 勝手にムキムキ系かと思っていたけれど、これならキレイなボディラインを実現できそう、と期待感がさらにアップ。

【さっそくボルダリングに挑戦!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...