スリム美人が「短期集中ダイエット」のコツを指南【美腹筋チャレンジ】12週目の「腹トレ」報告も

スポーツ系の人気インスタグラマーとモデルが、3か月間で“アブクラックス(縦筋)”がある腹筋を作り上げる特別企画【美腹筋チャレンジ】

BifukkinChallenge_weeek12

写真左から、國井美沙妃さん、中北成美さん、山下あさみさん

結婚式や同窓会など、人が集まるイベントの前に急いで痩せたい!…そんな人のために、スリムな体型を維持している3人に「短期集中ダイエット」を教えてもらった。また、【美腹筋チャレンジ】12週目の進捗もご報告。

* * *

暗闇ボクササイズスタジオ「b-monster(ビーモンスター)」のインストラクターから、パーソナルトレーナーへと転身を遂げた國井美沙妃さん。今までの人生でもっとも太ったと感じたのは、社会人1年目のことだったとか。

【短期集中ダイエット】糖質は玄米おにぎり1個に制限

「学生時代は常になんらかの運動をしていたので、それをしなくなったことで筋肉の上に脂肪が付いた感が。そこでさっそく、脂肪を燃焼させる有酸素運動と筋肉を引き締めるトレーニングをジムではじめました」(國井さん。以下、「」同)

そのときから、食事についても学びはじめ、炭水化物を減らし、たんぱく質多めの食事に切り替えた。現在では、筋肉量や体脂肪率を目安に体調管理を行っているという。

そんな國井さんの【短期集中ダイエットのルール】は、こちら。

【運動】毎朝、ランニング(30分)+スクワット(15回×3セット)
【運動】毎晩、就寝前に、シットアップ(30回×5セット)+プランク(×5セット)
【食事】炭水化物は、玄米のおにぎりを1日1個に
【食事】野菜とたんぱく質を中心の食事に
【食事】甘いものは週に1回のご褒美

「いきなり食事の量を減らしたり、内容を変えたりすると、ストレスを感じてリバウンドしやすくなります。コツはまず、朝食と昼食のごはんの量を減らすだけにして、夕食だけをごはん抜きに。

また、玄米を食べつけない場合には、最初は白米と半々でスタートを。玄米の代わりにキアヌを使うのもオススメです」

【腹トレ報告】ハイパーナイフで脂肪燃焼率をUP!

5月1日(月)に新しい職場での仕事がスタートするまで休暇だったという國井さん。先日の沖縄旅行で食べ過ぎた分も取り返すべく、今週はトレーニングに励んだ。

「レッスンをしているときは、声を出しながら動いているので、脂肪燃焼率が非常に高いんです。旅行中もランニングのほか、長めの散策をしたり、3時間以上泳いだり…と動いてはいたのですが。やはり働いていないと、全然違いますね」

そこで、有楽町のエステサロン「Finc(フィンク)」で「ハイパーナイフ」を120分受けた。最新の脂肪溶解機器を使ったこの施術は、高周波の電気を体に流すことで、脂肪燃焼率をUP。その上で、往復16kmのランニングを3回、ジムで筋トレと有酸素運動を組み合せて1時間ほどのトレーニングを2回、行ったそう。

國井美沙妃(くにい・みさき)

misaki.kunii_01_week12

1992年11月17日生まれ、神奈川県出身。先週まで、人気の暗闇ボクササイズスタジオ「b-monster(ビーモンスター)」のインストラクターを務めていた。フリーランスのモデルとしても活躍している。座右の銘は、「運動=自分磨きの時間」。インスタグラムアカウントは、@misaki.kunii

【山下あさみさんが、ダイエットに◎の食材を伝授

FEATURE

さらに見る

You might also like...