【オバ記者連載39】 これなら一生太らない! 食欲を抑える食事法に驚嘆

当サイトがおくる好評連載『アラ還・オバ記者の悪あがき美容道中』。還暦で、バツイチ独身。オバ記者ことライターの野原広子が、美容・ダイエットに奮闘し、女を磨く日々を綴ります。これまで幾度となくダイエットに挑戦し、そのたびに挫折。婚活は、連敗記録を更新中。

obakisya39_1

「痩せてイイ男と結婚したい!」――そう切実に願うオバ記者に春は訪れるのか? 今回はオバ記者が始めた“食べて痩せる”とっても簡単なダイエット法について。

* * *

いま、私がしているダイエット法は、「本当の味わい方を知ればきれいにやせる!」で、「もうリバウンドしない! これが最後のダイエット」。これは、『一生太らない魔法の食欲鎮静術』(インプレス)という本の帯に書いてある言葉なんだけどね。そんなバカな? いや、私だってそう思ったわよ。

この本を本屋さんで手に取って、パラリとめくったら、“「量で満腹」はダメ! 「味で満足」できる人になる”という文字が目に飛び込んできたの。満腹感とは、胃が量で満たされた状態で、満足感とは、精神が満たされた感覚で、お腹いっぱいではないけれど、「もういいや」と思える感覚なんだって。

なるほどねえ。私が満腹感といって思い浮かべるのは、どんぶり飯。かつ丼でも、牛丼でも、白いご飯に納豆でも、どんぶりにお箸を縦に突っ込んで、カーッとかっ込むあの感じ。さすがにカンレキの今は、それを毎日する勇気はないけれど、うれしいにつけ、悲しいにつけ、ベフッとげっぷが出るまで食べていたっけ。

それだけじゃない。前回も書いたけど、年とともに、お腹いっぱい食べると眠くなるようになったの。食べて寝ると、「牛になるよ」と昔、親から言われたけど、牛はともかく、老豚になったことは確か。

だから、どんぶり飯でお腹いっぱいが悪いのは前から分かっていたけど、その食欲をどうするか。この本の肝心かなめはここからよ。

舌先に食べ物をのせてじっくり味わう

FEATURE

さらに見る

You might also like...