逆転の発想でノーリバウンド・ダイエット!痩せる前に身に付けたい習慣って?

だんだんと薄着になってくるこの時期、「夏までには痩せる!」とダイエットを決意する人は少なくないはず。

taijuukei_fotoco

写真/アフロ

でも、ダイエットに挑戦しては挫折、成功してもリバウンド…と、「失敗」を繰り返す人は後を絶たない。

「うかつにダイエットを始めてはいけない」と語るのは、ダイエット研究を始めて15年、予防医学研究者で医学博士の石川善樹さん。新著『ノーリバウンド・ダイエット』(法研)で、多くの人が陥っているリバウンドを繰り返さないためには、ダイエットする前の習慣作りが大事だと説く。

本書で石川さんが提案するのは、痩せたいけれども、食べることが好きで運動も好きではない…そんな人でも無理せず痩せることができるダイエット理論。

お酒と洋菓子が大好きで、職業柄座りっぱなし、さまざまなダイエットで痩せてはリバウンドを繰り返してきた、というイラストを担当した漫画家のなとみみわさん(46歳)も、石川さんの指導の下、自然に1か月で体重-2kg、腹囲-4cmを実現した。

糸井重里氏も推薦しているという『ノーリバウンド・ダイエット』では、1~5時限の講座形式で理論を解説している。舌を変えて自然と食べる量を減らす『舌トレ』など、「食べたい」欲求を抑える方法、正しい食習慣の身につけ方などについて、石川善樹さんに教えてもらった。

まず「小さな習慣」を身に付けてからダイエットを始める

ダイエットは、8割以上の人が失敗するという異常な失敗率の高さが統計データに表れている。しかも失敗した人のほとんどが、元の体重に戻るだけでなく、今まで以上の体重にリバウンドしているという事実!!

「ダイエットの成功とは、春夏秋冬を乗り越え、1年以上目標体重をキープできたことをいいます。ところが、ほとんどの人がダイエットをする度に、体重が右肩上がりに増えてしまっています。そこで、考えました。

これまでのダイエットの基本的な考え方は、体重を落とすという『大きな努力』をしてから目標体重をキープするというものですが、大抵の人は痩せるための『大きな努力』で力尽きて、体重を維持する『小さな習慣』を続ける根気が残っていません。

そこで、これまでのステップを疑って、逆転の発想で『小さな習慣』を身につけてから『大きな努力』をすることからスタートしました。すると、この小さな習慣作りの時点で、多くの人に体重が減るという変化が表れたのです」(石川さん、以下「」内同)

【次ページで「小さな習慣」づけの方法を解説!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...