【体験レポ】人気のSUPヨガに挑戦!痩せ体質の基本・体幹を強化

ハワイで一大旋風を巻き起こした「SUPヨガ」。

SUPyoga_Reebok_201705_01

“SUP”とは、“Stand Up Paddle board(スタンドアップパドルボード)”の略で、専用ボードに立ち、パドルを漕いでクルージングしたり、波に乗ったりするマリンアクティビティの一種。そのボードを使い、水上で行う「SUPヨガ」が体幹強化に効くと日本でも話題に!

ビーチでないと体験できない…と考える人も多いかもしれないけれど、東京都内の「ティップ.クロス TOKYO(トーキョー)池袋」ではSUPヨガのレッスンを受けることができる。

そこで、30代のビューティ・ライター、Nが、2017年4月10日(月)にリーボックがヨガウェア発表会時に開催した体験レッスンに参加。学生時代はバスケットボールでならしたけれど、運動は最近ご無沙汰…というNの感想は?

→リーボックのSUP専用ウェアについては【こちら】

* * *

編集部からの誘いをノリでOKしたものの、「水の上でヨガなんて…」と内心ビビりながら現地入り。プールにいくと、室温がかなり高めで、緊張も少し和らぐ。

プールには、サーフボードよりも厚みがある専用ボードが3列に。さっそく水の中に入り、ボードの脇まで行くと、ドキドキしながらスタンバイ!

スポーツ女子に人気のSUPヨガの魅力は?

SUPyoga_Reebok_201705_22

SUPヨガの講師役を務めたのは、日本SUPヨガ協会認定インストラクターで、ReebokONEアンバサダーで、京乃ともみさん

「まずは、ボードの中心に重心を持っていくように乗ってください!」と、日本SUPヨガ協会認定インストラクターで、ReebokONEアンバサダーで、京乃ともみさん。

ボードの上にエイや!  とよじ登り、真ん中の印のところであぐらに。巨大なビート板さながら、思ったよりしっかりとした浮力があり、ホッと胸をなでおろす。

SUPyoga_Reebok_201705_09

ヨガの基本、呼吸からレッスンはスタート

「息を深く吸って、吐いて。骨盤をゆっくり…」。インストラクターの声に合わせて、骨盤を前後に動かし始めた途端、ボードが大きくゆ〜らゆら。思わず「うわっ!」と声がもれ、慌ててバランスと呼吸を立て直す。

続いて、肩や首を回したら、息を深く吸いながら、両手を上げてバンザイ。だんだん揺れにも慣れてきて、案外ラクショーかも!  と思ったのもつかの間…。

【SUPヨガの楽しさとダイエット効果は、次のページで!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...