食事の2時間後がベスト!美乳とほっそりウエストを叶える「椅子に座って行う美腹呼吸」

数々の経験値から「女性ホルモンと美しさの重要な関係性」を説き、「おっぱい体操」の考案者として人気を誇る神藤多喜子さん。

神藤_昼美腹1

今回は、バストアップしながら美くびれも実現する「椅子に座って行う美腹呼吸」をご紹介。前回ご紹介した基本の美腹呼吸を進化させたこちらは、食事の2時間後に行うのがポイント。オフィスでも簡単にできるので、必見!

* * *

消化力を高めて代謝もアップする「美腹呼吸」

脂肪燃焼効果が高いアーユルヴェーダの呼吸法と、消化機能を整えるヨガの呼吸法を組み合わせた「美腹呼吸」は、消化が進んでいる状態で行うとより効果的。

なぜなら内臓を刺激することで消化力を上げ、余分な脂肪をしっかりと燃やすことができるんです。代謝が上がって体が温まるので、肩こり改善やむくみ解消、免疫力アップにも◎。ダイエット中の人はぜひ取り入れましょう。

【美腹呼吸の記事は、こちら!】
→ぽっこりお腹も改善!息をするだけでバストアップする「美腹呼吸」

鼻で息を吸うことが大事!「美腹呼吸」の基本を復習

「美腹呼吸」の基本は、息を吐くリズムに合わせてお腹をへこませ、吸った息を10回に分けて吐くこと。10回目はおなかの空気を出し切るイメージで、特に強く息を吐きましょう。

神藤_昼美腹2

【1】鼻から大きく息を吸い込む

神藤_昼美腹3

【2】口をつぼめて、フッ~と息を細く吐く

神藤_昼美腹4

【3】再度、鼻から息を吸う

神藤_昼美腹5

【4】鼻からフッフッと小刻みに10回息を吐き、10回目で吐き切る。息を吐くタイミングで、お腹を10回へこませる

「吐きながらお腹をへこませる」というプロセスができていないと、「美腹呼吸」の効果を得ることができません。まずはこの基本をマスターしてくださいね。

【次ページで「椅子でできる美腹呼吸」の詳細を解説!】


FEATURE

さらに見る

You might also like...