スリム美人が体型を引き立てるコツを伝授!【美腹筋チャレンジ】9週目の「腹筋トレ」報告も

スポーツ系の人気インスタグラマーとモデルが、3か月間で“アブクラックス(縦筋)”がある腹筋を作り上げる特別企画【美腹筋チャレンジ】

BifukkinChallenge_week09

写真左から、國井美沙妃さん、山下あさみさん、中北成美さん

スリム美人はコンプレックスをカバーし、自信のあるパーツを引き立てるファッションアイテムを取り入れることで、魅せるスタイルを作り上げているもの。

そこで、今回は3名にアイテム選びのコツを教えてもらった。また、【美腹筋チャレンジ】開始9週目の進捗もご報告。

→「美腹筋クイーン」の投票はこちらから

* * *

ファッションモデル、ランジェリーモデルとして大活躍中の中北成美さん。「美おっぱいコンテスト」準グランプリの彼女は、もちろんバストに自信あり。また、きれいに浮き出た鎖骨も自慢。

【ファッション】錯覚効果でコンプレックスの二の腕カバー

「二の腕はなかなか引き締まらなくて…。昔からコンプレックスがあります。鎖骨とバストに視線がいくオフショルダーのトップスを選ぶことで対処をしています」(中北さん。以下、「」同)

ときどきのトレンドは、「ZARA(ザラ)」や「H&M(エイチアンドエム)、「forever21(フォエヴァートゥエンティワン)」などのファストファッションで購入することで、上手に取り入れている。写真のスカートも「H&M」で入手したとか。

「外国生まれのブランドには、日本のブランドではあまり見かけないようなデザインがある点もいいですね。珍しいデザインを求めて、古着もよく購入しますね。最近、購入した中では、ハイウエストのパンツがお気に入り。脚長効果絶大で、体のメリハリを強調してくれるんですよ」

【腹トレ報告】”宅トレ”に新メニュー「ニートゥーチェスト 」

キックボクシングで朝活、ジムでローリングマシン…としっかりトレーニングを継続している中北さん。今週は“宅トレ”に、大阪のパーソナルトレーニングスタジオ「REW(レウ)」で教わった「ニートゥーチェスト」を導入した。

「仕事の空き時間にもできるトレーニングとして、教えてもらいました。床に座った状態で、両脚を揃えて曲げ伸ばしするこの筋トレは、腹筋の中でも特に下腹部を刺激するそうです。美腹筋を作り上げるのに、ぴったりですよね!」

「ニートゥーチェスト」は、脚を伸ばしながら息を吐き、脚を縮めながら息を吸い込むのがコツ。腹筋を意識しながら、ゆっくり10回を3セットを行っているそう。美腹筋を目指す女子は、取り入れてみて。

中北成美(なかきた・なるみ)

1491464043648

1989年10月26日生まれ、滋賀県出身。2009年より東京で読者モデルとして活動をスタート。現在は、複数のファッションブランドのイメージガールやファッションショーの舞台へも活躍の幅を広げている。インスタグラムアカウントは、@nrm10260

【日本未上陸のあのブランドを愛用するのは誰?】

FEATURE

さらに見る

You might also like...