【今が旬!】疲労回復に役立つ「アスパラガス」の栄養素と痩せレシピ6選

栄養たっぷりな旬の野菜は、ダイエットの強い味方。そこで、「ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)」に、今が旬の「アスパラガス」の栄養素とレシピ6つを教えてもらった。この時期ならではのおいしさを堪能して。

ABCHealthLabo_201704_Asparagus00

写真/アフロ

スーパーでは周年で見かけグリーンアスパラガスだけれども、もっともおいしいのは4月から7月にかけて。この時季には特に甘みがあって、柔らかいのに歯ごたえもあるという。

栄養価は緑色のアスパラガスがもっとも高いけれど、日に当てないように栽培したホワイトアスパラガスや、眼精疲労に効果が期待できる「アントシアニン」を含む紫色のアスパラガスもある。それぞれに違った味わいを食べ比べるのも楽しいかも。

美容と健康に役立つ「アスパラガス」の栄養素

強い抗酸化作用をもつ「β-カロテン」と「ビタミンC」も多く含むアスパラガスは、アンチエイジングや美容にうれしい野菜。赤ピーマンやかぼちゃ、アーモンドなど、「ビタミンE」を多く含む食材と組み合わせて食事に取り入れると、さらに抗酸化作用がアップする。

ダイエットにうれしい「アスパラガス」の注目成分

アスパラガスの名前の由来にもなっている「アスパラギン酸」は、アミノ酸の一種で穂先に多く含まれる。新陳代謝を活発にする効果が期待できるので、ダイエットや美肌にも◎。

疲労物質である「乳酸」をエネルギーに変える働きもあるので、運動ダイエット中の疲労回復やスタミナアップに役立つ。「アスパラギン酸」には、体の毒素を尿とともに排出する作用もあるので、むくみ解消にもオススメ。

「アスパラガス」を上手に保存するコツ

傷みが早いアスパラガスは1、2日ほどで使い切るのがベター。保存方法は、濡らした新聞に包んでからビニール袋に入れて。穂先が特に傷みやすいので傷つけないように注意を。また、穂先を上にして立てて保存したほうがもちがいい。

おいしい「アスパラガス」の選び方

□ 穂先がしまっている
□ 濃い緑色でツヤがある
□ 茎が太い
□ 切り口が乾燥していない

クイズで理解度をチェック!

【次のページで、「アスパラガス」のレシピ6品をご紹介】


FEATURE

さらに見る

You might also like...