痩せ体質を作る睡眠のコツは?【美腹筋チャレンジ】8週目の「腹筋トレ」報告も

スポーツ系の人気インスタグラマーとモデルが、3か月間で“アブクラックス(縦筋)”がある腹筋を作り上げる特別企画【美腹筋チャレンジ】

Bifukkin_week6

写真左から、國井美沙妃さん、中北成美さん、山下あさみさん

良質な睡眠は、痩せ体質の基礎。そこで、今回は、快眠のために心がけていることを3名に教えてもらった。もちろん、【美腹筋チャレンジ】スタート8週目の進捗もご報告!

* * *

暗闇ボクササイズスタジオ「b-monster(ビーモンスター)」のインストラクターを務める國井美沙妃さん。毎日、元気に活動するためには、睡眠時間を確保することが重要なはず。

 【睡眠テク】食事は眠る3時間以上前に済ませる

「なるべく6時間は眠るのが理想。お風呂に入って、ストレッチをしたら、すぐに寝るようにしています」と、國井さんは話す。

「もともと寝付きはいいのですが、部屋でお香を焚いたり、とリラックスする工夫もしています。眠りづらいときは、温かいものを飲むのもオススメですね。また、効率よく疲労を回復するために、食事は就寝の3時間以上前に済ませるように心掛けています」(國井さん。以下、「」同)

寝る直前に食べると、睡眠中、消化にエネルギーを消費することに。よく寝たはずなのに、疲れがとれない…と感じている人は試してみて。

【腹トレ報告】宅トレで追い込み!朝いちばんに有酸素運動を30分

後半戦に入って、仕事やジムでのトレーニングに加え、自宅での“朝活”にも励んでいる國井さん。起きてすぐ、「有酸素運動を最低30分」を心掛けているという。そのメニューはこちら。腹斜筋や体幹を鍛える運動が目白押し!

□ 下半身筋トレの代表格「スクワット(20回×3セット)」
□ 肘をついた姿勢で行う「エルボープランク(1分×3セット)」
□ プランクにひねりを加えた「プランクツイスト(1分×3セット)」
□ 四つん這いで対角の手と脚を持ち上げてキープする「アームレッグクロスレイズ(左右30回×2セット)
□ 四つん這いで呼吸を繰り返す「アブリフト(20回×3セット)」

「毎日できると最高! ですが、なかなか…。でも、天気がいい日はランニングをするのも気持ちいい。朝活の後に1時間ほどかけて10kmを走っています」

國井美沙妃(くにい・みさき)

misaki.kunii03_week6

1992年11月17日生まれ、神奈川県出身。今、人気の暗闇ボクササイズスタジオ「b-monster(ビーモンスター)」のインストラクター。フリーランスのモデルとしても活躍している。座右の銘は、「運動=自分磨きの時間」。インスタグラムアカウントは、@misaki.kunii

【短い睡眠時間でリラックスする方法を、あの人が教える!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...