1日30分でOK!美痩せにつながる「ウォーキング」のコツ

運動不足の人の健康維持にぴったりのウォーキング。美容面でも効果があることを知っていた?

walking_seven_201703_04

写真/アフロ

1992年バルセロナ五輪50km競歩代表で、高齢者向けロコモ対策のトレーナーでもある園原健弘さんによると、「正しく歩く習慣が身につくと、立ち居振る舞いまで美しくなります。運動効果によるシェイプアップなどで、さらなる“美”も得られますよ」とのこと。

しかも、1日30分歩くだけでOK、というからうれしい。まずは「正しい歩き方」のコツ3つを会得しよう。

【正しい歩き方】01 骨盤を真っ直ぐ立て、やや前傾ぎみに立つ

walking_seven_201703_01

「歩くのは“動作”なので、動き出しやすいよう、骨盤を真っ直ぐに立て、重心を前に置いて、前傾ぎみに立つことが大切です」(園原さん、以下「」同)

また、膝を伸ばすのが重要。膝が曲がっていると、バランスをとるために腰が落ちる。そうなると、骨盤が後傾、猫背であごが突き出た姿勢に。

「骨盤が立っているかどうかは、太ももの前の筋肉のゆるみで確認ができます。腰を軽く曲げ、太ももを触ってぽよんぽよんとゆるんでいればOK」

太ももが硬くなっていないことを確認したら、そのまま腰を伸ばせば正しく立てるはず。

【残り2つの歩き方のコツは?】


FEATURE

さらに見る

You might also like...