おやつはアーモンドミルク!スリム美人が体型を維持する【美痩せ習慣】って?

インストラクターやダンサー、ヘアメイクアップアーティストなどのプロフェッショナルにとって、健康で美しい体を保つのも仕事のうち。

Biyase_MAYUKO01

そこで、そんなプロのスリム美人たちに、ワークアウトや食事など、“美痩せ”のために心がけていることを質問!

今回登場するのは、イケメンインストラクターを揃えた「暗闇ヨガスタジオBeing(ビーイング)」でスタジオディレクターを務めるMAYUKOさん(31歳)。

8歳から子役としてミュージカルなどに出演してきた彼女は、ヨガスタジオ経営のかたわら、今でも女優として活動しているとか。アクティブなMAYUKOさんに、美を保つ秘訣を聞いた。

* * *

WORKOUT/すきま時間には、体幹トレーニング

最新のエクササイズ情報は常にチェック。日本初上陸系のトレーニングもチャレンジしたり、余暇にはニューヨークでヨガのレッスンを受けたりします。

Beingyoga-mayuko-wear-f

カナダ生まれのヨガウェアブランド「lululemon(ルルレモン)」がお気に入り。体のラインがキレイに見えるそう

海外のフィットネストレンドを検索したり、とネットも活用。元カナダ代表の新体操選手Juliana Semenova(ジュリア・セミョーノバ)さんが、自然いっぱいの背景でヨガを教えるYoutube動画「Boho Beautiful(ボーホービューティフル)」もよく見ますね。

ランニングや水泳、ヨガ、ボクササイズなど…時間さえあれば体を動かしています。例えば、電車で立っているときにも、体幹を意識しています。これは子供の頃にバレエやダンスを習っていて、身に付いた癖ですね。

広島で育ったのですが、毎日1時間以上歩いて学校に通っていました。おかげで今でも体力には自信があります(笑い)。

FOOD/間食用のアーモンドミルクをバッグに常備

食事は、肉、魚、大豆製品など、良質のたんぱく質を摂れるものを中心に、量はしっかり。炭水化物やお酒は避けるようにしています。

beingyoga-mayuko-a

MAYUKOさんのお気に入りは、さらっとした飲み口の「アーモンド・ブリーズ」。フレーバーが7種類あって、飽きがこないのも選んだ理由

今はスタジオ立ち上げで生活が不規則なので、食事の時間が深夜になってしまうことも。そんなときには、豆腐や納豆、葉野菜など、ヘルシーなものを選ぶようにしています。

また、日中、忙しくて食事ができないときや、小腹がすいたときの間食用に、アーモンドミルクを必ずバッグに。以前は豆乳を飲んでいたのですが、米国ではダンサーや俳優たちがアーモンドミルクを健康のために愛用していると発見して。

確かにアーモンドミルクは鉄分豊富で、美肌効果もあるから、女性には本当にオススメ。プロテインを入れて飲んだり、牛乳代わりに料理に使ったりもしています。

BODY&MIND/1日使った筋肉をセルフマッサージでケア

1日中、体を動かしているので、疲労を引きずらないように、就寝前には筋肉のケアがマスト。半身浴とセルフマッサージは欠かさないようにしています。

Beingyoga-mayuko-care-f

写真手前は、「Soaptopia(ソープトピア)」のバスソルト、奥は「ポールシェリー」の「ハーバルオイル」

半身浴には、カリフォルニア発のオーガニックコスメブランド「Soaptopia(ソープトピア)」のバスソルトを(写真手前)。ミネラル豊富なフランスの塩と、不純物ゼロのカリフォルニアの塩をミックスしていて、リラックス効果が抜群です。

マッサージには、スイス生まれのスキンケアブランド「ポールシェリー」の「ハーバルオイル」(写真奥)を。オレンジやマジョラムなど、さわやかな香りと、肌になじむ軽めのテクスチャーが心地いい。むくみ改善にも役立ちますよ。

BEAUTY & FASHION/ブルーでリラックス効果を

なによりも美容に影響があるのはメンタルだと感じていて。ヨガの瞑想や腹式呼吸によって自律神経が整えられるので、それがいちばん肌や体に現れていると思います。

Beingyoga-mayuko-nail-f

ネイルは、「暗闇ヨガスタジオBeing(ビーイング)」インストラクターが経営するサロン「Maisonail(メゾネイル)渋谷」で。3週間から1カ月に1度通い、ハンドとフット、まつ毛エクステを同時に施術する

ほとんどの時間、スタジオで日光を浴びずに過ごしているので、脳が疲れてしまう。だから、集中力アップやリラックスの効果があるというブルーをウェアやネイルに取り入れています。

ずっと好きなことを仕事にしてきたので、基本的にはノーストレス。お休みのときは、体を動かしたり、自然と戯れたり。例えば、ハワイやニューヨークでヨガをするのが最高の贅沢。どこへ行っても結局ヨガをやっているんですよね(笑い)。

【関連する記事をチェック!】
【体験レポ】先生はイケメン芸能人のみ!渋谷の「暗闇ヨガスタジオBeing」で脂肪燃焼
SHIORIが監修。フルーツグラノラ×アーモンド効果のアレンジレシピ
【スーパーフード】ローラやミランダ・カーも実践!スーパーミルク健康法
部屋着としても活躍。あったかヨガウェアの重ね着コーディネート8選
スポーツシーンでも華やか。「DANSKIN」から春カラーの「カプセルコレクション」が登場

今回のスリム美人:MAYUKOさん(31歳)

「暗闇ヨガスタジオBeing(ビーイング)」のスタジオディレクターで、ボイストレーナーとしての経歴ももつ。美を保つコツは「ノーストレスで過ごすこと」

【同シリーズの記事を読む】
MISAKIさん(b-monsterインストラクター)/甘いものも我慢せずに時間を選ぶ
磯内爽さん(アサヒグループ食品)/置き換えダイエットで5kg減量
椎名慶子さん(ヨガインストラクター)/瞑想で心の状態や食欲をしっかり調整
ARISAさん(Surf Fit studio インストラクター)/体幹を意識して7kgの減量に成功
キリー・アーロルドさん(カーディオバーインストラクター)/LAで体型を維持するコツ


FEATURE

さらに見る

You might also like...