忙し女子にオススメの筋トレって?【美腹筋チャレンジ】1週目の経過も報告!

スポーツ系の人気インスタグラマーとモデルが3か月間で、“美腹筋”を作り上げる特別企画「美腹筋チャレンジ」

Bihukkin_Challenge02_y

写真左から、國井美沙妃さん、中北成美さん、山下あさみさん

連載第2回目となる今回は、チャレンジ開始1週間の進捗をご報告。それぞれのトレーニングメニューや食生活のポイントを教えてもらった。

* * *

ヨガインストラクターで、パーソナルトレーナーの山下あさみさん。現在は、活動の拠点を移す予定のアメリカに滞在中。夢だったアメリカでの生活を楽しみつつも、毎日しっかりとトレーニングを継続していくことが第1目標という。

腹部は上からしまる。効果的に“タテ筋”を作る方法って?

山下さんが今、力を入れているのは「腹直筋」に効く筋トレ。動画の腹筋は、特にこの部分を鍛えるもので、1日10回×3セットずつ行っているとか。

【1】お尻から脚を90度に上げる
【2】そのままの姿勢で頭の後ろで腕を組み、息を吐きながらゆっくりと上体を起こす
【3】息を吸いながら、頭をゆっくりと床につける
【4】これを10回×3セット行う。セットの合間にはブレイクタイムをはさんで

「腹筋はその上部の『腹直筋』から締まっていくもの。息を吐くときに腰を床に押し付けるようにするのがポイントです。また、肩甲骨を浮かせるイメージで行うと、さらに負荷が上がります」(山下さん。「」以下、同)

高カロリーになりがちな海外。夕食の内容で調整を

アメリカでの食事は、どうしても日本でのものより高カロリーになりがち。山下さんは夕食の量を調整することで、カロリーをコントロールをしているそう。食べ過ぎたと思った日は、プロテインスムージーとヨーグルトで済ませることも。

「トレーニングをしているのに体重が変化しないときは、必要以上のカロリーを摂取しているかの可能性が。そんなときには、食事の量や内容を見直すようにしています」

山下あさみ(やました・あさみ)

1989年9月25日生まれ、熊本県出身。整体師からヨガインストラクター、パーソナルトレーナーに転向、「Samy(サミー)」名義で活動。2017年2月より活動の拠点を米国に置く。女性らしさと健康的な美しさが信条で、日々ストイックに活躍中! インスタグラムアカウントは、@samyyoga

【國井さんが「美痩せにうれしいパン」をオススメ】


FEATURE

さらに見る

You might also like...