歩くだけで美しく痩せる!バストアップや美尻効果も期待できる「ポスチュアウォーキング」

痩せるためには食事制限だけでなく運動も必要。わかってはいるけれど、ジムもランニングも続いたためしがない…。

KIMIKO_2

そんなズボラさんにオススメなのが、筋トレ効果のあるウォーキングエクササイズ、「ポスチュア(姿勢)ウォーキング」

ポスチュアウォーキングのダイエット効果は?

「ポスチュアウォーキング」とは、KIMIKOさんが産後太り解消のために考案した独自のウォーキングメソッド。単なるウォーキングとの違いは、有酸素運動でありながら、足全体からお尻、ウエスト、背中、肩まわりの筋肉を動かす“歩く筋トレ”であるところ。

足の筋肉を使うことで血液やリンパの流れが活発になり、痩せて引き締まるだけでなくむくみや冷えも解消。体験者の中には体重7~15kg減、11号から5号へサイズダウンした人も!

「ポスチュアウォーキングは、スポーツと日常動作のちょうど中間のエレガントなエクササイズウォーキングです。自分の体重を使って、ゆっくりとじわっと踏ん張って歩くので、体重が重いほど効きます(笑い)。

足の太もも、ふくらはぎ、そして胸の筋肉も使うので、ヒップアップとバストアップ効果は非常に高いです。お尻も小さくなります。血流が良くなることで偏頭痛や肩こりが解消され、母乳の出が良くなる人も。目が大きくなって、顔も美人になりますよ!」(KIMIKOさん)

静岡大学の杉山康司教授の研究によると、普通のウォーキングと比べ、ポスチュアウォーキングはゆったりと歩くスピード(ぶらぶら歩き速度:60m/分以下)でその効果が顕著にみられ、下腿と体幹部の筋活動が特に増加するとの結果が出た。

「ゆったりとした動きの中にも、運動効果を上げる骨格筋の使い方をしていることが観察されました。体幹を意識的に使っている状態で、本来は歩くときに使っていない胸の筋肉もしっかりと使っています。カロリー消費量も10~15%アップすることが実証されています」(杉山教授)

では実際に通常のウォーキングと比べて、どのくらいのカロリーを消費するのか計算してみよう。

消費カロリーの計算方法

消費カロリーは体重によって変わり、体重×運動強度(METS)×時間×1.05=エネルギー消費量で算出できる。METSとは、運動別にエネルギー消費量をMETS数という係数にしたもの。たとえばウォーキングは、成人女性の通常歩行(平地、60~70m/1分程度)で運動強度は3Mets。早歩き(平地、95~100m/1分程度)なら4Metsとなる。

それに対し、ポスチュアウォーキングは40~50m/1分程度のゆったりとした速度で歩いて、運動強度は4~5Mets。

たとえば体重が60kgの場合、普通の速度で3時間歩いたなら、60kg×3Mets×3×1.05=567calを消費する一方、ポスチュアウォーキングでは60kg×4Mets×3×1.05=756 calを消費する計算となる。

続いて、ポスチュアウォーキング基本の歩き方をKIMIKOさんにレクチャーしてもらった。

【まずは基本の歩き方をチェック!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...